健康診断

獣医師・看護師共に、ペットの治療・ケアにあたります。

健康診断を行うのは、大きく分けて2つの意味があります。ひとつめは、当然ですが、隠れて進行している病気を見つけることができます。今日元気であることと、今日健康であることは同じではありません。多くの病気の初期は無症状であり、ある時点を超えると急にさまざまな症状が出てきます。人医学でも提唱されているように、病気になってから治療を行うよりも、症状が出る前に未然に対策をこなう方がより良い結果に結びつけることができます。もう1つは、健康であるときの検査数値を確認できることです。検査数値はその仔によって正常と考えられる数値が変わってきます。健康である時に測定をし、将来病気になってしまった時にも事前に行っていた健康診断時の検査数値が非常に役に立ちます。 健康診断は、元気な時に。元気な時だから、健康診断を。

健康診断の項目

病院では年齢や性別によってお勧めの検査をパックにしたドックプランをご用意しております。下記はドックに含まれる代表的な検査です。

血液検査
血液中の赤血球や白血球を解析したり、血漿成分から体の内臓やホルモンのことを調べます。
レントゲン検査
体の様々な部位に利用できる検査です。検査時間は短く、得られる情報が多い検査の一つです。
超音波(エコー)検査
主に心臓や消化器、泌尿器の検査に用いられます。レントゲン検査と同様、得られる情報が非常に多い有用な検査です。当院では大学病院の専門医の指導の元、十分なトレーニングを積んだ認定医が検査を行います。
尿検査
尿検査というと腎臓や膀胱などの泌尿器の検査と思われがちですが、全身状態を反映するとても優れた検査です。また、ペットにとっても、出したおしっこを検査するだけなので負担はないと言える点もうれしい検査ですね。
心電図
不整脈の検出に非常に役立つ検査です。心疾患は特に犬で非常に多い診療科です。
血圧測定
血圧は心臓や腎臓の異常だけでなく、神経やホルモンなどの様々な疾患の時に変動します。また、ペットの血圧は人よりもさらに正常範囲が広いため、普段の検診で計っておくとその仔の平均血圧を確認することができます。

健康診断の流れ

1入院についての説明をさせて頂き、同意書に署名と電話番号を頂きます。

ご家族が気になる点などをお聞きしたうえで、獣医師とともに検査項目を決めます。その後、受付にてご予約をお取りください。

2当日

検査当日は朝食を午前中の7時までにとり、指定された時間にご来院ください。
飲水に制限はありません。

3お迎え

検査は一般的に午前中にお預かりし、午後にお迎えとなります。検査内容によっては検査結果をお伝えするのが後日になる場合がございます。お預かり時に説明予定日について相談しましょう。

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有