腫瘍科

腫瘍科

医療の高度化に伴い、人医療と同じように犬猫共に悪性腫瘍(がん)が死因のトップになっています。
悪性腫瘍はできた場所やその腫瘍の由来によって、治療法は外科、化学療法、放射線療法など多岐にわたります。
もっとも重要な事はしっかりとした診断を行うことから始まります。
体の表面にできたしこりは、さわった様子や見た目からは良性・悪性の判断をすることはできません。
検査を行い、しこりの今後について一緒にお話をしていきましょう。

診断
対応動物

犬

猫

腫瘍科に関する最新の診療実績

全ての診療実績を見る

腫瘍科に関する全ての診療実績を見る