実績詳細

かゆい皮膚病:疥癬症(カイセン)

種類
年齢 12
診療科目 皮膚科 
症状 かゆがる。出血している

症状の概要

疥癬は主に野良猫や野生動物から感染する外部寄生虫で、通常のノミダニ駆除・予防薬では感染を完全に制御することはできません。非常に強いかゆみと厚いかさぶた、そしてかゆみが発生する場所が特徴的な皮膚疾患です。

検査結果

高齢になってからのかゆみの発生ということで、外部寄生虫感染を疑った。

皮膚スクラッチ検査において疥癬の虫体を確認したため、疥癬症と診断した。

 

治療方法

駆除薬であるイベルメクチンの注射および内服。

疥癬の治療の初期は、駆除役によって死んだ疥癬の虫体が強いかゆみを引き起こすため、一時的にかゆみが治療前よりも強くなる場合があります。

治療・術後経過

2週間ほどで当寄生虫によるかゆみは消失した。

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有