実績詳細

エボシカメレオンの脱腸整復治療

種類 エボシカメレオン
年齢 1
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 昨日の夜から脱腸している

症状の概要

カメレオンやトカゲではしばしば脱腸が認められます。脱出した腸管は時間の経過とともに浮腫、乾燥、壊死を起こしてしまいますので、早めに来院の上、治療を受けることをお勧めしています。

検査結果

身体検査所見では総排泄孔より脱腸と脱出部の浮腫が認められた。

 

 

脱出部位は1.5~2.5cm程に浮腫していた。

 

緊急処置の対象と判断した。

治療方法

水腫になった直腸の縮小化処置と、直腸の還納処置、再発防止のための縫合を2針施した。

治療・術後経過

術後二日目の再診では、術創の状態は良好で、動きもよく、コオロギなどを普段通り食べている。

 

良好で、再発は認められなかった。

 

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有