実績詳細

コーギーの歯周病の治療(スケーリング)

種類 ウエルシュコーギー
年齢
診療科目 歯科 
症状 口が臭う

症状の概要

ペットの口に口臭を感じた場合には少なからず歯周病がある事が示唆される。歯周病の存在は多くの臓器の疾患の発生や悪化と関連していることが人医学でも明らかになりつつあるが、獣医療においても同様で、例えば歯周病を保有していると慢性腎不全に罹患する確率が2.7倍に上昇することが報告されている。
すごい症状を引き起こる病気でないだけに見過ごされがちな病気ですが、しっかりとケアをしてあげましょう。

検査結果

身体検査所見の結果、元気食欲に異常は認められなかった。

 

症例は口臭が出てきており、中程度の歯周病を患っていた。

 

正確な歯周病の病期判断と治療のため、全身麻酔をかけて検査及び治療を行った。

治療方法

一部、歯肉は炎症を起こし、歯周からは排膿が認められた。

 

歯科レントゲンの撮影とプロービングによるポケット検査により、 抜歯が必要な歯は無いことが分かったため、スケーリングによる歯石除去と、根尖周囲の清掃およびポリッシングを行った。

 

処置後

 

歯肉が全周赤くなっているが、根尖周囲清掃の影響である。

治療・術後経過

術後は肺炎予防のためにネブライザーを行い、一週間は軟らかい食事を摂らせた。

 

術後1週間後より、歯周病予防のための歯磨き指導を開始した。

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有