実績詳細

ジャンガリアンハムスターの体表腫瘍

種類 ジャンガリアンハムスター
年齢 不明
診療科目 腫瘍科 エキゾチック診療科 
症状 数か月前から、頭の左側が腫れ、徐々に大きくなってきている。

症状の概要

ハムスターの体表腫瘤は比較的よく遭遇する病気である。良性から悪性腫瘍、膿瘍までしこりの原因は様々な原因があります。また、ハムスター自身がしこりを気にしてかじってしまう場合もあります。早めの受診を行いましょう。

検査結果

針吸引生検を行ったが、細胞が採取されずに診断には至らなかった。

 

液体が抜去されないため、のう胞ではない。また、ほお袋は口腔内より確認されたため、それに関連した病変ではないと判断された。

 

レントゲン検査及び経過より、間葉系悪性腫瘍の疑いが強く持たれた。

治療方法

試験的切除もしくは内科療法による対症療法を提示したが、ご家族の希望により対症療法を行うこととなった。

治療・術後経過

予後は不良であった。

 

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有