実績詳細

チワワの軟部組織肉腫の手術

種類 チワワ
診療科目 外科 腫瘍科 
症状 肘のところの腫れている場所がある

症状の概要

軟部組織肉腫は悪性の腫瘍であり、非常に強い局所浸潤性を示すことが多い腫瘍として知られている。一般的な腫瘍の治療方法として手術や化学療法、放射線療法などがあるが、軟部組織肉腫の治療の第一選択は外科手術となる。また、手術を行う際には初めの手術でいかにしっかりと切除できるかが重要であるため、軟部組織肉腫が少しでも疑われる場合には安易に手術を行うと後々の管理が難しくなってしまうので注意が必要である。

検査結果

身体所見上は元気活動性に問題はなかった。

左肘部の皮下に直径1センチほどの腫瘤を認めたため、診断を行う目的で針吸引生検を実施した。

 

ーー以下細胞診コメントーーーー

 

腫瘤から得られている細胞の多くは変性していますが、軽度の異型性を示す多形性の間葉系細胞が少数認められます。肉芽組織との鑑別は困難ですが、病変が皮下に位置していることから、血管周皮腫などの軟部組織肉腫である可能性があります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

軟部組織肉腫の疑いがあるということだったので切除領域を確定するために、確定診断を行う必要がある。

そのため、確定診断を行う目的で鎮静下で腫瘤の切除生検を実施した。

 

ーーーー以下切除生検 病理コメントーーー

 

摘出された皮下の腫瘤は、軟部組織肉腫(STS)と診断されます。細胞の配列から、軟部組織肉腫の中でも、線維肉腫と診断されます。検索した組織では、核分裂像は少数で、STSとしては低悪性度と考えられます。腫瘍の境界は比較的明瞭ですが、最小限のマージンでの摘出となっており、マージン部まで数ミリ以下と近接しています。再発率の高い腫瘍であることから、局所再発について経過観察をおすすめします。

ーーーーーーーー

 

診断:軟部組織肉腫

治療方法

 

軟部組織肉腫と確定診断されたため、切除生検で行った切開ラインを中心として水平方向3センチのマージンと垂直方向に1筋膜マージンを確保することを目的として拡大切除を行った。

 

術前の様子  胸壁にあるふくらみは脂肪腫(診断済み)

 

 

切除後の様子

十分な水平・垂直マージンが得られた。

 

 

腋下皮膚フラップを用いて閉創した。

 

 

治療・術後経過

術後は炎症や感染も認められずに、順調に治癒した。

 

また、病理検査においても完全に切除されたことが確認された。

 

ーーーー以下病理コメント -----

 

追加切除された肘頭部の組織では、前回腫瘍が摘出されたと考えられる部位において、線維芽細胞の増生や反応性の変化が起こっていますが、明らかな腫瘍性の病変は認められません。
摘出状態は良好で、今回の拡大切除により予後は良好と考えられます。左脇部の皮下の腫瘤は良性の脂肪腫と診断されます。腫瘍の境界は明瞭で、明らかな周囲組織への浸潤性や悪性所見は認められません。摘出状態は良好で、この腫瘍に関しては今回の切除により予後は良好と考えられます。

 

ーーーーーー

 

また、皮膚に引き連れもなく、順調に抜糸した。

 

 

 

 

現在再発も認められず、元気に生活をしている。

 

経過良好

 

 

担当医:白井顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有