実績詳細

ミニチュアダックスの鼠径ヘルニアの手術

種類 ミニチュアダックスフント
診療科目 外科 消化器科 
症状 昔から腹部が腫れている。ヘルニアと言われた。下痢が出る。

症状の概要

ある領域から、内容物が脱出してしまうことをヘルニアといいます。だしゅつする部位により臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、会陰ヘルニアなど名前が変わります。また、症状については、ヘルニアの内容としてどのような臓器が脱出するかによって変わってきます。脱出するものはヘルニア輪の大きさにもよりますが、腹腔内の脂肪や腸管膜、腸管、脾臓、肝臓、膀胱、子宮などがあげられます。治療としては、物理的にヘルニア輪が存在しているために起こされる病態なので、手術によって輪を閉鎖する必要があります。また、会陰ヘルニアや鼠径ヘルニアなど性ホルモンが関連していると考えられているヘルニアを治療する際には、反対側のヘルニアの再発予防のために不妊手術を同時に行うことが推奨されています。メスの場合には、妊娠することにより腹圧が上がり、ヘルニアが悪化することが知られていますので、そういった理由からも同時に卵巣と子宮を摘出することが推奨されています。

検査結果

症例は元気活発で食欲に異常は認められなかったが、数日に一回程度軟便が出るということだった。

 

腹部に非常に大型の腫瘤が触知され、優しく圧迫すると腹腔内へと腫瘤が入っていったため、ヘルニアであると診断した。

 

 

ーーー

この部位でのヘルニアとしては鼠径管を通して起こる鼠径ヘルニアと大腿管を通して起こる大腿ヘルニアがあるが、この時点ではどちらかの診断は行っていないが、実際に手術を行った際に鼠径ヘルニアであることが確認された。

ーーー

 

腫瘤を還納して1分ほど経過すると、再びヘルニアを起こし、腹部超音波検査においてヘルニア内容を確認したところ、ヘルニア脱出するたびに膀胱や腸管など違い腹腔内蔵機がヘルニアしていることが分かった。

 

大型のヘルニアであることと、腸管もヘルニア脱出していることから、下痢の原因も鼠径ヘルニアであると推定した。

(腹部超音波検査において腸管にそれ以外の異常も認められていない)

治療方法

 

切皮し、ヘルニアを確認し、体腔内に臓器を戻している。

 

臓器還納後、ヘルニア嚢の切除と縫合を行った。

 

ヘルニア輪は直径約3.5cmほどあり、通常の縫合では縫縮できないと判断したため、プロリンメッシュを用いてヘルニア輪を閉鎖した。

 

また、去勢手術も同時に行った。

 

治療・術後経過

術部に大腸菌の感染が認められたが、感受性検査を行い抗生剤を選択することにより良好に治癒した

 

下痢も治まり、経過良好である。

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有