実績詳細

メイクーンの潜在精巣の手術

種類 メイクーン
年齢 0
診療科目 外科 
症状 睾丸が一つしかない、去勢手術を行いたい

症状の概要

哺乳類は胎児から発生の過程で、睾丸を腹腔内で形成し、犬や猫では生後間もなく鼠径管を通って腹腔外に出て、最終的に陰嚢内に二つの睾丸が収まります。
睾丸が陰嚢内に二つない状態を潜在精巣や停留睾丸、陰睾などと呼びますが、それぞれ片側性や両側性があります。片側性であることの方が多いですが、まれに両側性潜在精巣の症例も存在します。
また、停留している場所が腹腔内、腹筋内、腹腔外鼠径などに大別されます。通常今回のケースのように、停留している睾丸は萎縮しているため、触診で見つけることが難しいことがあります。そういった症例では順序立てて精巣を探すことが肝要となります。

検査結果

症例は元気闊達で、臨床症状はない。

触診したところ、陰嚢内に睾丸が一つしかなく、片側潜在精巣と診断した。

治療方法

潜在精巣に対しては手術適応となるため、去勢手術を行うとともに、腹腔内に停留した睾丸を取り除く手術を実施した。

 

 

常法通りに陰嚢内の睾丸の摘出を行う

 

次いで開腹し、前立腺から伸びる精管をたどって腹腔内の睾丸を発見し、摘出を行った。

 

 

腹腔内に停留していた睾丸は萎縮していた(下)

治療・術後経過

若齢であるため、病理検査は行わずに治療終了とした。

 

経過良好

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有