実績詳細

ヨークシャーテリアの性ホルモン関連性脱毛

種類 ヨークシャーテリア
年齢 6
診療科目 皮膚科 
症状 広い範囲で脱毛してきた。かゆがってはいない

症状の概要

性ホルモン関連性脱毛は、通常炎症やかゆみを伴わない脱毛症で、避妊手術を行っていない雌犬に認められることがあります。診断は細菌や真菌・寄生虫などの感染症、アレルギー性皮膚疾患、そのほかの内分泌疾患性脱毛を除外することにより行います。

検査結果

症例は元気食欲は良好で、皮膚の脱毛以外には症状を示していなかった。

 

皮膚に炎症反応は認められず、フケも発赤もなかった。

抜毛検査(トリコグラム)を行ったところ、毛周期が休止期に入っている割合が多かったため、ホルモン性脱毛を疑った。

 

通常脱毛を起こすような副腎皮質や甲状腺ホルモンの失調が血液検査やエコー検査により除外された。

 

避妊手術を実施していなかったため、性ホルモン関連性脱毛症の疑いが持たれた。

治療方法

ご家族と治療法を相談した結果、避妊手術を実施した。

治療・術後経過

術後1年で、被毛は正常に生えそろった。

手術以外に治療は行っていない。

 

経過良好

 

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有