実績詳細

喘息を疑う症状のシェルティー

種類 シェルティー
診療科目 呼吸・循環器科 
症状 呼吸の音がおかしい。ひーひー言いながら息をしている

症状の概要

犬において喘息はやや珍しい病気であるが、アレルギー体質であったり、呼吸様式がおかしい場合には疑うべき疾患である。喘息は息は吸えるが、うまく吐けないことによって、肺が著しく拡張してしまうエアートラッピングが起こり、とても苦しい病気です。呼吸音の異常を感じたら、受診をお勧めいたします。

検査結果

聴診では軽度の湿性ラッセルが聴取された。心雑音は確認されなかった。

胸部レントゲン検査では肺野が著しく拡張しており、喘息を疑う所見だった。

 

 

治療方法

抗生剤とステロイド剤による内科療法を行った。

治療・術後経過

治療開始翌日より呼吸音は消失し、寝ているときの呼吸回数も前よりも少なく、静かに眠るようになった。

 

経過は良好であり、ステロイド剤を漸減していきながら症状を観察していく。

 

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有