実績詳細

文鳥の指端の慢性炎症

種類 文鳥
年齢 2
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 指先の腫れ

症状の概要

感染や自咬などの慢性の刺激が加わると皮膚や骨が腫れて形が変わってくることがあります。そのような場合には正常部位と比較してさらに細菌感染が起こりやすくなってしまうため、自宅で様子を見ていても改善しない場合にはあまり経過が長くないうちに治療を開始しましょう。

検査結果

視診と細胞診により、細菌感染による指端の腫脹と診断

 

治療方法

ビタミン剤および抗生剤の投与を行った。

治療・術後経過

治療開始後10日ほどで完治した。

 

経過良好

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有