実績詳細

文鳥の起立不能

種類 文鳥
年齢 約60日齢
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 羽根を震わせており、足が立たない。食欲もあまりない

症状の概要

鳥類や爬虫類などの体調の悪化の多くは栄養失調や飼育環境の質疑によって起きるものが多いため、異常が認められた場合には普段の生活環境や食事の状況がわかる方がお連れ下さいますようお願いいたします。

検査結果

患鳥は起立できない状態で、胸を床につけている。

 

 

治療方法

ビタミン不足による神経の失調を疑い、ビタミン剤の処方を行い経過を観察した。

治療・術後経過

日光浴を行いビタミン剤の投与を行ったところ、数日で食欲は改善し、

 

不全麻痺を起していた足も徐々に動くようになってきた。

 

 

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有