実績詳細

柴犬の急性湿疹(ホットスポット)

種類 柴犬
年齢 4
診療科目 皮膚科 
症状 体をかゆがる

症状の概要

急性湿疹は体の様々な部位に起こるかゆみや痛みを伴う湿疹で、発見が早かった場合には患部は脱毛していないことが多いです。

局所的な細菌や真菌の感染が主な原因となります。掻き続けることで患部は悪化し、広がるため、発見したら早期の受診をお勧めします。

検査結果

外貌上、背部正中に直径3センチほどの紅斑が確認された。

 

病状を正確に把握するため、また、患部を清潔に保つために周辺の毛刈りを行った。

 

患部は直径28mmで、びらんは形成されていなかった。

周辺も少し広く刈ったが、ほかに病変部位は確認されなかった。

 

患部の細胞診では球菌と白血球が認められたため、急性湿疹(ホットスポット)と診断した。

治療方法

患部を洗浄するとともに、消炎剤と抗生剤の内服を行った。

治療・術後経過

治療開始数時間後には患部をかゆがることもなくなり、3日後には患部の炎症は収束していた。

 

念のため良化してから10日ほど内服を継続して治療終了とした。

 

患部は炎症の瘢痕として皮膚の色が黒くなってしまったが、数か月後には元の色に治っていた。

 

 

担当医:白井 顕治

 

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有