実績詳細

猫の下部尿路閉塞疾患(FLUTD)

種類
年齢 5
診療科目 外科 内科 泌尿器科 
症状 トイレに何度も行く、陰部をなめている。

症状の概要

猫の下部尿路閉塞疾患は、若い去勢をした雄猫に比較的よく認められる疾患です。閉塞の原因は結石や結晶がつまってしまう場合もあれば、解剖学的に尿道が細いことが原因の場合もあります。尿が出ないことにより急性腎不全に進行してしまう場合がありますので、早めに受診しましょう。

検査結果

問診より、症例のネコはトイレに何度も行き、おしっこをしようとするがぽたぽたとしか出ていない。

身体検査においても腹部に拡張した膀胱と腹部の圧痛を認めた。

 

レントゲン検査では、膀胱内結石および尿道内結石が確認され、これが閉塞の原因であることが考えられた。

 

治療方法

この症例は、何度か閉塞を繰り返していたため、外科的に尿道を拡張する会陰尿道路造窓術を行うことをお勧めしました。

手術は出血もなく、経過は良好でした。

 

 

拡張された尿道からは1~2ミリ程度の膀胱結石は流出可能であるため、今後尿路閉塞になる恐れはほぼないと判断されました。

治療・術後経過

良好

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有