実績詳細

難産のチワワの介助および帝王切開

種類 チワワ
診療科目 産科・小仔科 
症状 3時間前から出産が始まっているが、生まれてこない

症状の概要

出産は正確な交配時期がわかっていれば、およその出産時期があらかじめ分かります。また、出産という行為は生理的な動作の中で最も命の危険が伴う行為ですので、ペットが妊娠した場合には、出産する直前だけでなく、定期検診を行い胎児の数や大きさの計測を継時的に行っていきましょう。手術を行うには人手や器具の準備が必要であり、あらかじめ帝王切開になる可能性があれば準備して待つすることはできますが、難産になってからの来院の場合には胎児数や母体の健康状態の現状の把握に時間を取られてしまい、母子ともに命を危険にさらしてしまいます。

検査結果

子宮口出口に胎児が変位でつまってしまっており、難産となっていた。

 

胎児は全部で5匹いたが、徒手介助により取り出した1頭はすでに死亡していた。

 

残りの胎児および母体を救出するため、帝王切開の適応と判断し、緊急手術を行った。

 

 

治療方法

術前、沈鬱状態の母体

 

外陰部からは死亡した第一子の胎盤が排出されてきている

 

開腹し、子宮および胎児を確認し、迅速に取り出し、臍の緒を処理し、呼吸を確認した。

 

 

 

治療・術後経過

 

手術終了後の、麻酔覚醒直後

 

初産であったが、母体は赤ちゃんを認識しお世話をしようとしてあげていた。

 

数日間子宮収縮および母乳排出促進剤の投与を行い治療終了とする。

 

取り出されたほかの4匹は無事出産された。

 

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有