症状から探す

眼が痛いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

フトアゴヒゲトカゲの慢性結膜炎

眼に異常が生じる場合には、眼やその周辺に異常があるときと、口腔内に異常があるときがあります。また、眼に異常があるときにも、傷があるのか、炎症があるのか、感染があるのかなどにより用いる薬の種類

子猫のネコ伝染性鼻気管炎ウイルス感染症(FVR)

主に子猫を保護した際に罹患していることが多いネコ伝染性鼻気管炎(FVR)は対症療法を行い、本人の免疫状態が発達すると自然に治癒していく。目がふさがってしまい、膿が眼内に継続的に溜まっていると

シーズーの角膜潰瘍(グレードⅡ)

角膜潰瘍は様々な原因によって角膜に傷が生じることによって始まる病気であり、感染や慢性的な刺激、そのための病気と併発することによって悪化する可能性がある病気です。悪化した場合には傷が深くなり、

ネコのヘルペスウイルス性角膜炎

猫のヘルペスウイルス性の角膜・結膜炎はネコヘルペスウイルス1型に感染することにより発症する。感染経路は接触もしくは飛沫感染であり多くは新生児期に感染する。また、FHV1感染は鼻汁やくしゃみを

外傷によるチワワの眼球破裂

眼球破裂は強い外力や眼球周辺の腫瘍性病変によって引き起こされることがあります。発症してしまった場合、視覚維持は難しくなってしまうケースが多いです。治療の目標は炎症や外傷による不快感を取り除く

犬の緑内障

緑内障は眼圧上昇に伴う視神経や網膜に障害が生じる病気です。初期緑内障は発生から48時間以内の緑内障の事を指し、この時期に治療を開始し、眼圧をコントロールできれば視覚を回復させることができます

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有