佐倉しらい動物病院ブログ

ショック状態って?

こんにちは、獣医師の白井顕治です。

この記事では、ショックについて情報を記載していきます。

「ショック」という単語は、よく認知され、日常の会話の中でもよくつかわれる単語だと思います。

日常で使われる場合には、突然の、特にマイナス要素の影響を与えるような出来事による精神状態の変化を指すと思いますが、

医学的には異なります。

ショックは症状の名前で、例えば「発熱」や「下痢」と同じように、特定の症状を指します。

「発熱を起こす病気」といっても食中毒や感染症、腫瘍や熱中症など、沢山の病気がありますよね。

同様に、ショックを起こす病気もいろんなものがあります。

どのような状態にしろ、ショックとは「全身の血液循環が不良で、重要な臓器を維持するための血流が不足している状態」を指します。

ショックの症状としては、低血圧、呼吸速迫、虚脱、ふらつき、頻拍などが一般的に認められますが、ショックを起こした原因によって、また、その時のペットの状態によって症状が異なることは良くあります。

著しい痛みや心不全、大量の出血、感染症、薬剤による中毒、毒物への暴露、著しい脱水等によっておこることがあります。

いずれにせよ緊急で輸液や検査が必要な病状となりますので、疑われる場合には速やかに動物病院へ連絡し、受診しましょう。

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有