手術について

もしもの時の手術を、より安全に

現在、手術はすべて志津医院にて行っております。一般的な去勢手術や避妊手術に加え、口腔外科、腫瘍外科、整形外科、軟部外科、泌尿器外科について多くの実績を持っております。

手術を受けるような状況になることは決して好ましいことではございませんが、皆様がそのような状況をできるだけ安心して迎えることができるよう、尽力させていただきます。

手術までの流れ

1インフォームドコンセント

診察において手術が必要と判断された場合、担当獣医師から予定する手術内容や入院期間、手術後に期待できる予後についてお話をするとともに、ご希望がある場合には受付事務よりおよその費用を聞くことができます。

・ご家族が手術を決意されたのちに、日程を決めていきます。

また、現在手術はすべて志津医院で行っております。ご家族様とペットが直接志津医院へ来院されるか、佐倉医院でペットをお預けいただき、獣医師および看護婦とともに転院させるかについてもご相談のうえ決定しましょう。

2ご予約

手術を行う際には事前に術前検査が必要となります。
原則として術前検査は手術当日、もしくは手術前一週間以内に行う必要があります。
術前検査及び手術日を相談しましょう。

3当日

絶食などが必要な場合は事前にお伝えさせていただきました時間をお守りください。また、院内には手術直前まで摂食可能な栄養剤もございます。手術前にもきちんと栄養を取ることが、安定した麻酔と覚醒につながる報告が出されているため、ぜひお尋ねください。

・飲水は基本的に自由にさせてあげてください。

予約いただいたお時間にお越しいただき、同意書にご記入の上お預かりさせていただきます。

4術後

手術当日、術後に担当スタッフから手術および現在の状況についてのお電話を致します。お電話にて面会や、決まっている場合には退院のお時間などの予約をお取りください。

5お迎え

お迎えの時に、手術の状況やご自宅での管理方法、薬の説明などを行います。

・その後、受付にてご精算手続きをいたします。(クレジットカード使用できます)

入院について

ご用意いただくもの・注意点

ご用意いただくもの

  • おうちで食べている食事を数回分お持ちください。
  • お気に入りのタオルなどがございましたら、ご持参ください。
  • 同意書には印鑑またはサインを頂いております。

手術実績

手術実績すべてを見る

チワワの乳腺腫瘍(良性)の摘出

犬において、乳腺腫瘍は2~4歳程度までに避妊手術を実施することによって将来的に乳腺腫瘍の発生する確率を下がることができるという情報はあるものの、この症例のように若くし…

咬傷を受けたボルゾイに対する外科処置

外傷の治療は、外傷ができた理由と、その外相がどこまでの領域を損傷しているかによって治療の方向性が異なる。今回のような犬による咬傷は刃物やハサミで切れてしまった裂傷とい…

雑種猫の前肢に形成された骨肉腫

猫における骨肉腫の発生は、犬と比較すると稀であり、10万頭に4頭程度の発生頻度であることが報告されている。また、前肢と比較して後肢の骨に発生しやすい傾向があるため、今…

雑種犬に対する減声手術

このような手術について言及することは、動物愛護の観点から方々からい指摘を受けるということは理解したうえで、情報を開示しています。 「犬は鳴くもの、無駄吠えはすべて飼い…

ポメラニアンの帝王切開

通常、人の妊娠においても「戌の日」というような行事もあるように、犬は正常分娩で95%が生まれるという情報がある。しかし、日本で飼育されることの多い小型犬だけに情報を絞れ…

雑種猫の尿道損傷に対する会陰尿道造瘻術

本症例は特発性膀胱炎の発生により、若齢のころよりたびたび膀胱炎・尿道炎による尿路閉塞を起こしていた。このようなことが繰り返されると、膀胱の収縮性も障害され、より問題を…