実績詳細

クサガメの陰茎脱の整復

種類 クサガメ
年齢 5
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 お尻から何か出ている
水にはあまり入りたがらない

症状の概要

爬虫類の陰部から脱出してしまうものとして、陰茎や卵管、総排泄腔や腸管などがあげられます。いずれも脱出した臓器が黒色壊死を起こしてしまうと予後が悪くなってしまうため、お尻のあたりから何かが出ていると思われた場合にはなるべく早く動物病院を受診しましょう。

検査結果

症例は1~2カ月ほど前から同じ状態であったとのことでした。

 

視診より、陰茎が脱出してしまっていると判断しました。

治療方法

脱出部位に局所麻酔ゼリーを塗布し、綿棒を用いて体腔内へ整復したのちに、1針縫合を行った。

 

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有