実績詳細

ゴールデンハムスターの脱腸

種類 ゴールデンハムスター
診療科目 消化器科 エキゾチック診療科 
症状 お尻から赤いものが出ている

症状の概要

ハムスターは数日継続する消化器症状(特に下痢)があると、脱腸を起こしてしまうことがあります。脱出した腸管は非常に傷つきやすく、場合によってはハムスターが自分で噛み切ってしまうこともあるため、早急に動物病院を受診しましょう。

検査結果

症例は数日前より食欲不振と下痢を呈していた。

視診および触診の結果、消化器症状に続発した脱腸と判断した。

治療方法

局所麻酔を施し、脱出した腸管を整復したのちに再脱出を予防する目的で1糸縫合を行った。

 

整復後

 

治療・術後経過

縫合翌日に抜糸を行い、経過を観察することとした。

 

現在再脱出なし。

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有