実績詳細

シーズーの陰茎部に形成された肛門周囲腺腫

種類 シーズー
年齢 13
症状 陰茎の先にできものがある。気にして舐めている

症状の概要

肛門周囲腺は、肛門周囲に存在する腺組織ですが、実際には肛門周囲以外にも尾の背側や陰部周辺に広く分布しており、下半身の体幹部であれば様々な部位に肛門周囲腺腫・肛門周囲腺癌を発症する可能性があります。肛門周囲腺腫は去勢を行っていない雄犬によく発症することが知られていますが、肛門周囲腺癌は去勢の有無や雌雄に関係なく発症します。肛門周囲腺の治療は腫瘍部の外科的な摘出を行うこともありますが、中には去勢手術を行うだけで腫瘤が退縮していくこともあります。

検査結果

陰茎部の先端に直径2~3cmほどの腫瘤が認められた。

 

診断を行うため、針吸引生検を実施し、外部検査所に細胞診を依頼した。

 

ーーー以下細胞診所見ーーー

 

肝細胞様の形態を呈する上皮細胞が認められることから、肛門周囲腺由来の病変が疑われます。小型上皮細胞が主体であることから、肛門周囲腺上皮腫が疑われます。肛門周囲腺上皮腫の多くは良性ですが、悪性度の正確な評価には周囲組織やリンパ管への浸潤性を組織学的に確認する必要があります。

 

ーーー

 

診断:肛門周囲腺腫疑い

治療方法

根本的な治療方法としては外科的な摘出があるが、症例の年齢と、そのほかの疾患がある事により麻酔下での手術は飼い主様と相談した結果、行わないこととした。

 

現在、排尿を行うに当たっては特に問題はないが、時折舐めて出血してしまうため、舐めないように腹巻を装着したり、場合によっては腫瘍局所に抗がん剤の投与を行う方法もあるということをインフォームして、経過観察を行っている。

治療・術後経過

現在経過観察中

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有