実績詳細

ジャンガリアンハムスターの皮膚炎

種類 ジャンガリアンハムスター
年齢 6か月
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 体をかゆがる。特に目の周り

症状の概要

痒みを呈する皮膚疾患の場合には、アレルギー性や刺激性、細菌感染性等が疑われるが、年齢によっては皮膚腫瘍によっても痒みを呈する場合があります。毛図黒いをいつもより長く行っていたり、被毛の一部が薄くなるほど書いていたら、動物病院を受診しましょう。

検査結果

皮膚掻把検査を実施したところ、外部寄生虫は検出されなかった。

年齢と皮膚症状より、刺激性もしくはアレルギー性皮膚疾患が疑われた。

治療方法

ステロイド剤および抗生剤と整腸剤の内服を行った。

治療・術後経過

治療開始後数日で症状は消失し、その後休薬しても症状の再発は認められなかった。

 

治療中に飼育環境の改善も行ったため、アレルギー清家茂樹製菓の鑑別は困難だが、症状は再発せず、経過は良好であった。

 

担当医:白井 義昭

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有