実績詳細

ジャンガリアンハムスターの頬袋脱

種類 ジャンガリアンハムスター
年齢 1
診療科目 エキゾチック診療科 
症状 頬袋が出てしまった。

症状の概要

げっ歯類における頬袋脱は比較的よく認められる病状である。偶発的に脱出してしまう場合もあるが、頬袋内の炎症や不適切な飼育により誘発されることもある。

脱出が癖になってしまうと、再発することもあるので注意して経過を観察する必要がある。

検査結果

症例は活発に動いていたが、右の頬袋が口腔内から脱出し、浮腫を起こしていた。

 

 

 

治療方法

外科的に整復を行うため、反対側の頬袋から内容を取り出した。(ひまわりの種1個)

 

脱出した頬袋を湿らせ、潤滑ゼリーを付けた綿棒で口腔内へ還納させた

 

 

 

また、再脱出を防ぐために2糸縫合を行った。

 

 

治療・術後経過

 

整復後

 

経過を観察し、数日後に抜糸を行う予定

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有