実績詳細

猫の回虫寄生

種類 雑種猫
年齢 0
診療科目 産科・小仔科 内科 消化器科 
症状 今朝、寄生虫を吐いた(4-5匹)

症状の概要

犬や猫の回虫寄生症では、通常、あまり症状は示しません。また、寄生している虫の数や性別、検査のタイミングによっては糞便検査を行っても虫卵が確認されないことは良くあります。回虫は条件がそろえば人間に寄生することもある寄生虫でエスノで、ワクチン接種時に便検査を受けましょう。

検査結果

 

吐き出された寄生虫は回虫であった。

 

猫は元気食欲には異常はなかった。

治療方法

体重に合わせた駆虫を行った。

治療・術後経過

経過良好

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有