症状から探す

体をかゆがるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

猫のアトピー性皮膚炎

猫のアレルギーは体の様々な部分に、様々な程度の症状として現れます。それが食物に反応している場合もあれば、環境中のなんらかの物質に反応していることもあるため、ご家族からよく話を聞く必要のある病

チワワのアトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎には大きく分けて食物皮膚有害反応(食物アレルギー)とアトピー性皮膚炎に分けられます。多少の特徴はありますが、症状のみで両者を区別する事は難しいことが多いのが現状です。 痒み

ミニチュアダックスフントのクッシング症候群

クッシング症候群は内因性に脳の下垂体が腫瘍化してしまう下垂体性、副腎が腫瘍化してしまう副腎性、および外から投与したステロイド剤による医原性クッシングに分かれます。医原性クッシング症候群は主に

雑種猫の好酸球性皮膚炎

猫の好酸球性皮膚炎はアレルギー性皮膚疾患ですが、それを起こしている原因の物質が判明できないこともあります。一般的には環境中の何かに反応していることが多いですが、中には食物に反応している場合も

柴犬の口唇に形成された粘膜膿皮症

膿皮症は、細菌、特にブドウ球菌や連鎖球菌などが感染することによりコル皮膚の感染症である。 それが目の周りや口のまわり、肛門の周りなどの粘膜部分に起きた場合には粘膜膿皮症と診断されます。通常は

フレンチブルドッグの若齢性ニキビダニ症

ニキビダニ症は発症しやすい時期として若齢もしく老齢の免疫力の低下した時期に起こすことが多い。ほぼすべての犬がニキビダニ自体を保有しているため、ニキビダニ症を発症した犬との接触によって感染が伝

猫の体表に形成された肥満細胞腫

肥満細胞腫は、組織中に存在し、主にヒスタミンを産生したりする肥満細胞という細胞が腫瘍化してしまうことによりおこる腫瘍性疾患です。猫においては内臓に発生する内蔵型と皮膚に形成される皮膚型とに大

グリーンイグアナの脱皮不全

脱皮不全は爬虫類、特にトカゲやカメレオンに比較的よく認められる。栄養素の不足や飼育環境中のインテリアや水分の過不足によって引き起こされる。脱皮がうまくいかないとその部分の皮膚壊死を起こしてし

ジャンガリアンハムスターの皮膚炎

痒みを呈する皮膚疾患の場合には、アレルギー性や刺激性、細菌感染性等が疑われるが、年齢によっては皮膚腫瘍によっても痒みを呈する場合があります。毛図黒いをいつもより長く行っていたり、被毛の一部が

セキセイインコの疥癬(体表寄生虫)

飼育鳥、特にセキセイインコの皮膚疾患として、疥癬症は比較的よく認められるものです。疥癬は非常に強いかゆみを伴い、くちばしの形などが変形してくるのが特徴です。疥癬は治療薬のあるお薬であり、来院

1 / 3123

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有