症状から探す

体をかゆがるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

子猫の皮膚糸状菌症(皮膚病)

皮膚糸状菌症は子猫や老猫等の免疫力が通常と比べて低下しているネコや、毛が長くグルーミングをあまり行っていない猫、ホルモンの病気がかかっているネコなどに比較的よく認められる皮膚の感染症です。

アトピー性皮膚炎に罹患しているシーズーのアカラス症

アトピー性皮膚炎は慢性的な皮膚バリアの異常を起こすため、本症例のようなアカラス症や細菌感染・真菌感染などの続発症を起こしやすい。アトピー性皮膚炎の際には、このような続発症が起きていないかを定

猫の疥癬症

猫の疥癬症はか安全に室内飼育のネコちゃんに起こることはなく、感染経路は疥癬に感染している野良猫や野生動物との接触によりおこります。疥癬は皮膚の薄い部分を好むため、頭頸部、特に耳介から症状が始

ミニチュアダックスフントのアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のワンちゃんの皮膚には、正常なわんちゃんと比較して病原性の強い細菌がいることが明らかとなっています。また、正常に見える部位であっても、皮膚バリア機能が脆弱であることもわかって

ホウセキカナヘビの口内炎とダニ寄生

爬虫類の体表にはダニの寄生が比較的よく認められます。ホウセキカナヘビ以外にも、フトアゴヒゲトカゲにもダニの寄生がみられることがあり、治療対象となります。

猫のかゆい皮膚疾患:疥癬症

疥癬は主に頭部や耳介、四肢など、皮膚の薄いところから感染が始まる。文字どり非常に強いかゆみを呈することが多く、不眠の原因にも発展する場合がある。 感染源は主に野良猫や野生動物との接触であり、

犬表皮へのマダニの寄生

ノミやダニは山道のみならず、街中の散歩道や公園にも潜んでいます。 寄生によりかゆみや不快感、疼痛を示す場合や、感染症にかかったり、濃厚感染をした場合には貧血が起きる場合もあります。 きちんと

柴犬のアトピー性皮膚炎

犬の皮膚科において、かゆみをコントロールすることは非常に重要である。皮膚を書いてしまうと、皮膚に細かい傷ができ、皮膚バリアが破綻するとともに二次感染が起き、さらにかゆみが悪化してしまう原因と

フレンチブルドッグのアトピー性皮膚炎・指間炎

アトピー性皮膚炎は環境中の抗原に対して過敏に反応してしまい、感染などが起きていない皮膚または耳などに強いかゆみを感じる疾患です。アトピーが進行すると二次感染が起きたり表皮バリアの異常が生じる

柴犬の急性湿疹(ホットスポット)

急性湿疹は体の様々な部位に起こるかゆみや痛みを伴う湿疹で、発見が早かった場合には患部は脱毛していないことが多いです。 局所的な細菌や真菌の感染が主な原因となります。掻き続けることで患部は悪化

1 / 212

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有