症状から探す

体をかゆがるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

アイリッシュセッターのアトピー性皮膚炎(目の周囲)

犬のアトピー性皮膚炎は、犬のアレルギー性皮膚炎の中でも特に体の外に抗原が接することによって起こされるアレルギー性皮膚炎であり、季節性に反応してしまうこともあれば、クッションやじゅうたんの中に

ハリネズミの疥癬症

ハリネズミには比較的、ヒゼンダニの感染による疥癬症が認められます。ダニのような寄生虫は自然発生することはありませんので、お家に迎えてからあまり時間がたっていないのに疥癬症と診断された場合には

猫の外耳道の形成された鼻咽頭ポリープの摘出

鼻咽頭ポリープは猫に発生することが多い先天的と考えられる病変です。 先天的という事なので、ポリープによる症状はペットショップやお家に迎えてすぐに発症していることがほとんどです。 鼻咽頭ポリー

フェレットの耳ダニによる外耳炎

耳ダニは自然発生する感染症ではなく、シェルターやペットショップ、庭などで散歩している時に寄生した可能性が高い。 強いかゆみを呈するため、耳だけでなく体をかきむしるような行為もしばしば認められ

雑種猫のアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎はこの症例のように軽度の脱毛ではなく、プラークやびらんを形成するまで腫れあがってしまうほど外見上悪化してしまうこともあります。犬のアレルギー性皮膚炎と比較しても、外見的

チワワのアレルギー性皮膚炎に伴う表在性膿皮症

表在性膿皮症は多くはこの症例のように円形の、びらんを伴わない表皮小環として発見される。表皮のブドウ球菌群の感染により引き起こされ、多くの場合、何らかの基礎疾患(多くはアレルギー性皮膚炎や内分

雑種猫のアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎は犬と比較して遜色がないほど発生率が多いが、病院に来るケースは少ない。犬の場合にはかゆい部分をポリポリとかきむしるため、ご家族にも「かゆがっている」と認識されやすいのだ

特発性顔皮膚炎を疑うメインクーン

特発性顔皮膚炎は、通常ペルシャやヒマラヤンの若齢猫に好発する皮膚炎で、顔面の特に目や口の周囲に皮膚炎が起きます。左右対称性に被毛に黒色油性の付着物が発生し、紅斑や痒み、主張が認められます。

猫のアトピー性皮膚炎

猫のアレルギーは体の様々な部分に、様々な程度の症状として現れます。それが食物に反応している場合もあれば、環境中のなんらかの物質に反応していることもあるため、ご家族からよく話を聞く必要のある病

チワワのアトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎には大きく分けて食物皮膚有害反応(食物アレルギー)とアトピー性皮膚炎に分けられます。多少の特徴はありますが、症状のみで両者を区別する事は難しいことが多いのが現状です。 痒み

1 / 41234

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有