症状から探す

体をかゆがるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

アメリカンカールの皮膚糸状菌症

猫において、糸状菌は常在菌であるため、免疫力が低い若齢の猫やストレスのかかっている猫、持病があったり高齢であったりすると皮膚糸状菌症を発症することがある。 検査はwood灯検査や顕微鏡検査、

バーニーズマウンテンドッグに発生した脂腺炎

脂腺炎は免疫の異常によって、自分の脂腺を攻撃してしまう自己免疫疾患である。典型的には、短毛の日本犬・秋田犬などに好発するが、今回の症例ではバーニーズマウンテンドッグに発生を認めた。好発犬種で

高齢のラブラドールに発生した食物アレルギー性皮膚炎(食物関連皮膚有害反応)

体表のかゆみに関しては、かゆがっている場所や初めてかゆみが出た時期や年齢、食事歴や季節、薬への反応が非常に重要である。 食物アレルギーはどの年齢においても発症する可能性があるため、ずっと食べ

ミニチュアピンシャーのパターン脱毛

パターン脱毛症は毛包の萎縮によっておこる原因不明の疾患である。確定診断には皮膚生検が必要となるが、脱毛は耳介や前胸部、大腿部に限局することがほとんどであり、大きな健康被害も出ないことから、皮

ジャンガリアンハムスターの細菌性皮膚炎

ホームセンターやペットショップなどでは、多くの種類のハムスターの床材が販売されている。それらに対してアレルギー反応が起こっていたという時期もあるが、最近は床材の性質が良くなっているため、アレ

コーギーのアトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎のあるワンちゃんは、皮膚のバリア機能が弱く容易に細菌感染を起こしやすくなっています。特に膿皮症やマラセチア皮膚炎などを発症すると元々のアレルギーの痒みが悪化してしまうので注

若齢猫の皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は猫が一般的に保有している真菌(カビ)であり人にも感染することがある。また、人の真菌症が猫に移ってしまうこともあるため、ご家族も注意が必要である。診断方法としては今回の症例のよう

ミニチュアダックスフントの皮膚型リンパ腫

高齢になってから発生するかゆい皮膚病として、皮膚型リンパ腫や肥満細胞腫などの皮膚腫瘍やニキビダニ症、ステロイド皮膚症などがあげられる。特に、もともとアレルギー性皮膚炎を患っている症例ではかゆ

雑種犬のステロイド皮膚症

ステロイド剤はアレルギー性皮膚疾患の治療をする際に、かなり高い頻度で使用する薬剤であるが、過度に使用をすると皮膚組織の萎縮を起こし、バリア機能を低下させることによりかゆみや炎症をより誘発させ

雑種猫のヘアゴムの誤食

ひも状異物の場合、長ければつまりやすく、短ければつまりにくいというのが 一般的であるが、そのほかにも閉塞してしまう要因として、アンカーの存在である。ただの長細いひもは閉塞することがないが、ひ

1 / 512345

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有