症状から探す

体をかゆがるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

雑種猫のアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎はこの症例のように軽度の脱毛ではなく、プラークやびらんを形成するまで腫れあがってしまうほど外見上悪化してしまうこともあります。犬のアレルギー性皮膚炎と比較しても、外見的

チワワのアレルギー性皮膚炎に伴う表在性膿皮症

表在性膿皮症は多くはこの症例のように円形の、びらんを伴わない表皮小環として発見される。表皮のブドウ球菌群の感染により引き起こされ、多くの場合、何らかの基礎疾患(多くはアレルギー性皮膚炎や内分

雑種猫のアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎は犬と比較して遜色がないほど発生率が多いが、病院に来るケースは少ない。犬の場合にはかゆい部分をポリポリとかきむしるため、ご家族にも「かゆがっている」と認識されやすいのだ

特発性顔皮膚炎を疑うメインクーン

特発性顔皮膚炎は、通常ペルシャやヒマラヤンの若齢猫に好発する皮膚炎で、顔面の特に目や口の周囲に皮膚炎が起きます。左右対称性に被毛に黒色油性の付着物が発生し、紅斑や痒み、主張が認められます。

猫のアトピー性皮膚炎

猫のアレルギーは体の様々な部分に、様々な程度の症状として現れます。それが食物に反応している場合もあれば、環境中のなんらかの物質に反応していることもあるため、ご家族からよく話を聞く必要のある病

チワワのアトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎には大きく分けて食物皮膚有害反応(食物アレルギー)とアトピー性皮膚炎に分けられます。多少の特徴はありますが、症状のみで両者を区別する事は難しいことが多いのが現状です。 痒み

ミニチュアダックスフントのクッシング症候群

クッシング症候群は内因性に脳の下垂体が腫瘍化してしまう下垂体性、副腎が腫瘍化してしまう副腎性、および外から投与したステロイド剤による医原性クッシングに分かれます。医原性クッシング症候群は主に

雑種猫の好酸球性皮膚炎

猫の好酸球性皮膚炎はアレルギー性皮膚疾患ですが、それを起こしている原因の物質が判明できないこともあります。一般的には環境中の何かに反応していることが多いですが、中には食物に反応している場合も

柴犬の口唇に形成された粘膜膿皮症

膿皮症は、細菌、特にブドウ球菌や連鎖球菌などが感染することによりコル皮膚の感染症である。 それが目の周りや口のまわり、肛門の周りなどの粘膜部分に起きた場合には粘膜膿皮症と診断されます。通常は

フレンチブルドッグの若齢性ニキビダニ症

ニキビダニ症は発症しやすい時期として若齢もしく老齢の免疫力の低下した時期に起こすことが多い。ほぼすべての犬がニキビダニ自体を保有しているため、ニキビダニ症を発症した犬との接触によって感染が伝

1 / 41234

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有