症状から探す

呼吸が荒いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

子犬(ミニチュアダックスフント)のケンネルコフ

ケンネルコフは若齢犬に起こる細菌もしくはウイルス感染性肺炎・気管支炎の総称で、免疫の発達が不十分であったり、過密飼育や不衛生な飼育環境のストレスにより発症すると考えられています。原因微生物と

アイリッシュウルフハウンドの胃拡張・捻転症候群

胃拡張・捻転症候群は急性に発症する病気であり、また、非常に緊急性の高い病気です。典型的には、コリーやハウンド系犬種のような胸の深い犬種に多く、食後すぐの激しい運動後に捻転しやすいと言われてい

オウム類嘴羽毛病(PBFDV)に罹患したセキセイインコ

PBFDVはオウム目の鳥すべてを冒すウイルス性疾患である。進行性の羽毛の奇形や壊死を引き起こします。病期が進行すると、最終的にはすべての羽毛の発育が止まってしまいます。 嘴と爪は、羽毛とは対

メキシカンブラックの健康診断

病院まで移動したり、診察室内で緊張したりすると行っていた異常とみられる行為を行わないケースは非常に多くあります。爬虫類に限らず、異常呼吸や異常行動が認められた場合には、それを記録し田動画など

ヒョウモンバブコックリクガメの肺炎

カメの異常呼吸音が聴取された場合に考えられる一つの病気として気管支炎や肺炎があります。 レントゲン検査によって確定し、治療を行っていきましょう。

パグの短頭種気道閉塞症候群に対する軟口蓋切除術

短頭種気道閉塞症候群は外鼻孔の狭窄や鼻甲介の狭窄、軟口蓋の過長症や気管低形成などが複合して起こる病気であり、平常時でも呼吸が苦しくなり、異常な呼吸音が聴取される。 その症例によって気道が狭窄

フィラリアの濃厚感染犬

蚊に吸血されることによって皮内から犬糸状虫(フィラリア)に感染すると、フィラリアは体内を巡り右心室や肺動脈に成虫として存在する。感染量が多くなると、心臓内に沢山の虫体が存在することによるうっ

チワワの短頭種気道閉塞症候群(軟口蓋過長症)の手術

軟口蓋は喉周辺にある軟部組織で、人間でいうところの「口蓋垂(のどちんこ)」に該当する部分である。特に短頭種ではこの軟口蓋が必要以上に長く、呼吸を阻害してしまうことがある。また、当初はさほど長

喘息を疑う症状のシェルティー

犬において喘息はやや珍しい病気であるが、アレルギー体質であったり、呼吸様式がおかしい場合には疑うべき疾患である。喘息は息は吸えるが、うまく吐けないことによって、肺が著しく拡張してしまうエアー

チワワの僧帽弁閉鎖不全症の診断と治療

房室弁逆流はは遺伝的な弁膜の粘液腫様変性のような弁膜症の結果として起きることが多い。日本国内の疫学としてはキャバリアやマルチーズ、チワワ、シーズー、ダックスなどに比較的多く認められる。高齢に

1 / 212

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有