症状から探す

呼吸が荒いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

キャバリアキングチャールズスパニエルに認められた喉頭蓋の軟骨増生

生き物の体の組織は、慢性的に何らかの刺激が加わると、その刺激に対して組織を増やして対応しようとする反応を起こす。この状態を原因にもよるが過形成や増生と呼ぶ。 今回の症例では何が慢性的な刺激に

ミニチュアダックスフントの胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群は、文字通り胃が捻転・拡張することによって生じる緊急疾患である。 生き物の体に起こる変化として、捻じれや閉塞は特に急性で重度の症状を生じることがあるのですが、その典型例といえ

ペギニーズの短頭種気道閉塞症候群に対する外科治療(外鼻孔狭窄及び軟口蓋過長症)

短頭種気道閉塞症候群は、チワワ、パグ、ヨークシャーテリア、ペギニーズやフレンチブルドッグなどの短頭種に起こる呼吸器が狭くなってしまう病気の総称である。 症候群とついているため、症例ごとに問題

雑種猫の外傷性横隔膜ヘルニア整復手術

横隔膜ヘルニアには、生まれつきに横隔膜が正しく形成されないために起こる先天性横隔膜ヘルニアと、今回の症例のように、腹部に強い外傷を負った結果に生じる外傷性横隔膜ヘルニアに分けられる。外傷性横

雑種犬の肝臓腫瘍摘出(肝細胞癌)

肝細胞癌は比較的、肝臓に単独の大型の腫瘤を形成することが多いことがわかっている。しかし同じく肝臓に形成される良性の腫瘤である結節性過形成との区別は難しく、レントゲンや超音波検査でこの二つは区

シェパードの胃拡張・捻転症候群の外科手術

胃拡張・捻転症候群は、ほぼ前触れなく起き、強い臨床症状を呈するため、状態を見てご家族が異常に気付かないということはまずありません。 主な症状は腹部の鼓張、元気消失、浅速呼吸、活動性の低下など

チワワの気管虚脱(グレードⅣ)

気管虚脱は若齢もしくは中高齢の小型犬に好発する気管軟骨の脆弱化や気管の膜性壁の指間などが原因で気管腔が狭小化することにより生じる症状です。異常な呼吸音を呈するときもあれば、咳がひどくでること

雑種猫の胸水貯留(糖尿病・肥大型心筋症・肝臓腫瘍・肺転移・癌性胸膜炎による)

猫は生き物として胸水をよく貯留する傾向にあります。心臓に以上があったり、腫瘍性に貯留することも、時には原因不明に特発性貯留を起こすこともあります。そんな中で乳び胸はきょうまくの線維性炎症を引

子犬(ミニチュアダックスフント)のケンネルコフ

ケンネルコフは若齢犬に起こる細菌もしくはウイルス感染性肺炎・気管支炎の総称で、免疫の発達が不十分であったり、過密飼育や不衛生な飼育環境のストレスにより発症すると考えられています。原因微生物と

アイリッシュウルフハウンドの胃拡張・捻転症候群

胃拡張・捻転症候群は急性に発症する病気であり、また、非常に緊急性の高い病気です。典型的には、コリーやハウンド系犬種のような胸の深い犬種に多く、食後すぐの激しい運動後に捻転しやすいと言われてい

1 / 3123

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有