手術について

もしもの時の手術を、より安全に

現在、手術はすべて志津医院にて行っております。一般的な去勢手術や避妊手術に加え、口腔外科、腫瘍外科、整形外科、軟部外科、泌尿器外科について多くの実績を持っております。

手術を受けるような状況になることは決して好ましいことではございませんが、皆様がそのような状況をできるだけ安心して迎えることができるよう、尽力させていただきます。

手術までの流れ

1インフォームドコンセント

診察において手術が必要と判断された場合、担当獣医師から予定する手術内容や入院期間、手術後に期待できる予後についてお話をするとともに、ご希望がある場合には受付事務よりおよその費用を聞くことができます。

・ご家族が手術を決意されたのちに、日程を決めていきます。

また、現在手術はすべて志津医院で行っております。ご家族様とペットが直接志津医院へ来院されるか、佐倉医院でペットをお預けいただき、獣医師および看護婦とともに転院させるかについてもご相談のうえ決定しましょう。

2ご予約

手術を行う際には事前に術前検査が必要となります。
原則として術前検査は手術当日、もしくは手術前一週間以内に行う必要があります。
術前検査及び手術日を相談しましょう。

3当日

絶食などが必要な場合は事前にお伝えさせていただきました時間をお守りください。また、院内には手術直前まで摂食可能な栄養剤もございます。手術前にもきちんと栄養を取ることが、安定した麻酔と覚醒につながる報告が出されているため、ぜひお尋ねください。

・飲水は基本的に自由にさせてあげてください。

予約いただいたお時間にお越しいただき、同意書にご記入の上お預かりさせていただきます。

4術後

手術当日、術後に担当スタッフから手術および現在の状況についてのお電話を致します。お電話にて面会や、決まっている場合には退院のお時間などの予約をお取りください。

5お迎え

お迎えの時に、手術の状況やご自宅での管理方法、薬の説明などを行います。

・その後、受付にてご精算手続きをいたします。(クレジットカード使用できます)

入院について

ご用意いただくもの・注意点

ご用意いただくもの

  • おうちで食べている食事を数回分お持ちください。
  • お気に入りのタオルなどがございましたら、ご持参ください。
  • 同意書には印鑑またはサインを頂いております。

手術実績

手術実績すべてを見る

猫の子宮蓄膿症の手術

発情様式が異なるため、ネコにおいての子宮蓄膿症の発生は犬よりもまれである。発症した場合には犬と同様に卵巣と子宮を外科的に摘出するのが第一選択の治療となる。

ミニチュアダックスフントの乳腺腫瘍切除と口腔外科

犬における乳腺腫瘍は、良性であっても悪性転化することがあるため、基本的には乳腺にしこりがある場合には治療対象となる。診断のために針吸引生検を実施する場合もある。この検…

猫の体表に形成された線維肉腫の手術

猫における線維肉腫の発生としては、悪性度の高いワクチン接種部肉腫が有名であるが、今回発生した腫瘤はウイルス感染やワクチン接種とは関係なく自然発生した比較的低悪性度のも…

チワワの第三眼瞼外反症の矯正手術

第三眼瞼外反症は見た目がチェリーアイと似ているため、間違われやすい病気であるが、病態が異なる疾患である。今回紹介したような電気メスを用いた矯正手術は、麻酔時間が短かく…

ミニチュアダックスフントの口腔外科(スケーリング・抜歯)

一般的に、歯をきれいにする行為をスケーリング、抜歯まで必要になるような処置を口腔外科と呼びます。 非常に重度の場合には麻酔をかける前から抜歯が必要な可能性が高いという…

イタリアングレーハウンドの会陰ヘルニアの手術

会陰ヘルニアは会陰部(肛門の左右)の筋肉が萎縮することにより、薄くなった隙間から腹腔内臓器が骨盤腔外へ突出してしまう状態を指します。会陰ヘルニア孔が形成される筋肉の隙…