手術について

もしもの時の手術を、より安全に

現在、手術はすべて志津医院にて行っております。一般的な去勢手術や避妊手術に加え、口腔外科、腫瘍外科、整形外科、軟部外科、泌尿器外科について多くの実績を持っております。

手術を受けるような状況になることは決して好ましいことではございませんが、皆様がそのような状況をできるだけ安心して迎えることができるよう、尽力させていただきます。

手術までの流れ

1インフォームドコンセント

診察において手術が必要と判断された場合、担当獣医師から予定する手術内容や入院期間、手術後に期待できる予後についてお話をするとともに、ご希望がある場合には受付事務よりおよその費用を聞くことができます。

・ご家族が手術を決意されたのちに、日程を決めていきます。

また、現在手術はすべて志津医院で行っております。ご家族様とペットが直接志津医院へ来院されるか、佐倉医院でペットをお預けいただき、獣医師および看護婦とともに転院させるかについてもご相談のうえ決定しましょう。

2ご予約

手術を行う際には事前に術前検査が必要となります。
原則として術前検査は手術当日、もしくは手術前一週間以内に行う必要があります。
術前検査及び手術日を相談しましょう。

3当日

絶食などが必要な場合は事前にお伝えさせていただきました時間をお守りください。また、院内には手術直前まで摂食可能な栄養剤もございます。手術前にもきちんと栄養を取ることが、安定した麻酔と覚醒につながる報告が出されているため、ぜひお尋ねください。

・飲水は基本的に自由にさせてあげてください。

予約いただいたお時間にお越しいただき、同意書にご記入の上お預かりさせていただきます。

4術後

手術当日、術後に担当スタッフから手術および現在の状況についてのお電話を致します。お電話にて面会や、決まっている場合には退院のお時間などの予約をお取りください。

5お迎え

お迎えの時に、手術の状況やご自宅での管理方法、薬の説明などを行います。

・その後、受付にてご精算手続きをいたします。(クレジットカード使用できます)

入院について

ご用意いただくもの・注意点

ご用意いただくもの

  • おうちで食べている食事を数回分お持ちください。
  • お気に入りのタオルなどがございましたら、ご持参ください。
  • 同意書には印鑑またはサインを頂いております。

手術実績

手術実績すべてを見る

ウサギの根尖周囲膿瘍

ウサギに多い歯牙疾患である不正咬合は進行するとこのような顎骨を溶かすほどの巨大な膿瘍を形成することがある。このような場合、内科によって治療を行っても中心部に感染の原因…

ミニチュアダックスフントの肝臓腫瘍(未分化肉腫)

肝臓や脾臓に発生した腫瘍は良性・悪性を問わずに破裂して出血する恐れがあるため、定期検診を行い、破裂する可能性が高い大きさとなってきたら手術を考えたほうがよいです。 肝…

犬のマイボーム腺腫:手術

マイボーム腺腫は犬のまぶたに好発する良性腫瘍である。できやすい個体には2~5個ほどできることもある。治療はレーザー焼灼や凍結、外科的切除などがあるが、基本的にはいずれ…

トイプードルの肝細胞癌

肝細胞癌は犬に比較的よく認められる悪性腫瘍である。超音波やCTでは様々な形状を呈するため、良性・非腫瘍性病変の結節性過形成との区別を行うことはできない。一部の診療機関…

はさみによる裂傷:外科処置

正常では皮膚は張っており、一部分に切開が加わると加えた切開の大きさよりも創傷は徐々に広がっていくことが多い。大腿部・頸部・前腕部などは特に傷が広がりやすい傾向があるた…

輪ゴムによる外傷:外科処置

輪ゴムは家族にお子様がいるご家庭で起こしやすい外傷となります。輪ゴムがまかれた位置により、首や頭部に今回の写真のような傷が全周性に認められます。輪ゴムを除去し、必要に…