症状から探す

トイレに何回も行くに関する診療実績

診療実績すべてを見る

トイプードルの膀胱結石摘出とスケーリング処置

膀胱結石は、膀胱で結石化したものと、腎臓で結石化したものが尿管を通じて膀胱に流れ着いたものが存在します。また、大きく分類して、食事療法によって溶解が可能な種類と、不可能な種類の結石が存在しま

チワワの会陰ヘルニアと脾臓腫瘍の摘出

会陰ヘルニアは去勢手術を行っていないオスに多く発生する疾患である。病気としては、会陰部の筋肉が非薄化してしまい、腹腔内の臓器がその非薄化部分から腹腔外に脱出してしあうことによっておきます。脱

ミニチュアダックスフントの卵巣顆粒膜細胞腫・子宮筋腫・膣平滑筋腫の摘出手術

腫瘍は形成された結果の弊害として、局所への浸潤や転移によって健康を傷害することが一般的に認知されているが、今回のように良性の腫瘍であっても、拡大してきた場合には、その圧迫によって弊害を呈する

雑種猫の尿膜管遺残による膀胱炎の頻発

膀胱炎の症状は主にトイレに何度も通ったり、排尿痛があったり、陰部をしきりに舐めたり、不適切な場所で排尿してしまったり、血尿を呈するなどがあげられます。膀胱粘膜に対して何らかの刺激が加わった場

トイプードルのネギ中毒による血尿

ネギ中毒は犬で比較的多く認められるが、摂取量によってはネコに起こることもある。ネギに含まれる物質による赤血球の溶血が主な症状として発生する。また、ネギ自体ではなくこの著しい溶血は腎臓に対して

猫の結石性膀胱炎

膀胱炎は感染性・腫瘍性・先天的奇形・結石性・腹圧上昇など様々な原因で起こります。膀胱炎の主な症状としては頻尿や血尿ですが、わんちゃんやネコちゃんは人と比較しても腹腔内の疼痛に対して無症状で過

チワワの尿道結石による尿路閉塞

尿路閉塞は尿管や尿道などの尿路が腫瘍や結石によって閉塞してしまう病状です。尿路が閉塞してしまうと、閉塞の度合いにもよりますが急性腎後性腎不全に進行してしまう場合もありますので、尿が出にくい・

猫の下部尿路閉塞疾患(FLUTD)

猫の下部尿路閉塞疾患は、若い去勢をした雄猫に比較的よく認められる疾患です。閉塞の原因は結石や結晶がつまってしまう場合もあれば、解剖学的に尿道が細いことが原因の場合もあります。尿が出ないことに

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有