症状から探す

トイレに何回も行くに関する診療実績

診療実績すべてを見る

フレンチブルドッグの尿膣に対する外陰部形成外科

写真のように外陰部上部の皮膚や軟部組織が多く、外陰部が覆われてしまっていると説明にあるような尿膣が発生しやすい。尿膣が発生すると、膣内の細菌数増加に伴い、尿道を上行しての感染性膀胱炎の発生を

雑種猫の会陰尿道造瘻術

会陰尿道瘻造瘻術は主に尿道閉塞を繰り返すオス猫に適応される術式である。オス猫の尿道は細く曲がっているために閉塞が起こりやすいためにできた手術である。肛門と陰茎の間(会陰)に尿道の出口を作って

雑種猫の尿路閉塞

猫の尿路閉塞は主にストルバイトや栓子(細胞や細菌の塊)がつまるような場合と、膀胱炎から尿道に炎症が波及して起こる場合、そしてどちらも起こっている場合が考えられるが、様々な程度で尿道炎は関与し

ミニチュアダックスフントの炎症性ポリープ

炎症性ポリープはミニチュアダックスフントに好発し、一部ではダックスポリープと呼ばれることもある。この病気は免疫の異常による病気であり、直腸の粘膜に限局した以上が現れる。 症状としては下痢、渋

ミニチュアダックスフントの脾臓に形成された血腫

今回の症例では、血尿という主訴であったが、手術が必要になるという病態の疾患であった。全体から言えばまれなケースではあるものの、検査を実施せずに血尿が出たから膀胱炎であると仮診断を行った場合に

雑種猫の尿路閉塞に対する会陰尿道造瘻術

若い猫には、ストレスにも関連して特発性膀胱炎の発生率が高いことが知られている。この特発性膀胱炎は難治性で、繰り返すことが多く、治療の目的としては完治させるというより、膀胱炎になってしまう頻度

ベンガルの慢性腎障害の内科管理

近年、慢性腎不全という用語から、慢性腎障害という用語に移行しつつあるため、本ページにおいても慢性腎障害という言葉を使用する。 猫の慢性腎障害は、様々な要因により引き起こされる腎機能が低下して

雑種猫の尿道損傷に対する会陰尿道造瘻術

本症例は特発性膀胱炎の発生により、若齢のころよりたびたび膀胱炎・尿道炎による尿路閉塞を起こしていた。このようなことが繰り返されると、膀胱の収縮性も障害され、より問題を頻回に起こしやすくなる。

ミニチュアダックスフントの会陰ヘルニア

未去勢のオスに起こりやすい疾患はいくつか存在するが、今回のようにそれらが同時多発的に発生していることもある。全身状態を加味して治療方法を選択する必要があるが、雄性ホルモンに起因する疾患の場合

ヨークシャーテリアのポリープ様好酸球性膀胱炎

犬の膀胱結石は発生率が高いものを2種類を上げるとストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石である。ストルバイト結石は膀胱炎に関連して発生することが知られており、また、適正に管理することができれ

1 / 212

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有