症状から探す

体を痛がるに関する診療実績

診療実績すべてを見る

フレンチブルドッグの指間に形成されたアトピー性皮膚炎とマラセチア性皮膚炎

フレンチブルドッグは毛質がもろく、毛根が深いため、炎症が起こった際により深部から腫れることがある。かゆみと、なめたことによる刺激、マラセチアの増殖など、いくつかの要因が重なることによって悪化

ミニチュアダックスフントの多発性筋炎

多発性筋炎は全身性炎症性ミオパチー(筋症)である。原因によって感染性と非感染性に分けられるが、本症例では免疫介在性と判断された。原因は不明であるが、犬では年齢や犬種ごとに好発条件はわかってい

ネズミ捕りにかかった子猫の洗浄

ねずみとりの粘着を除去するためには、通常のシャンプー剤で落とすことはなかなかできません。飼育しているペットがネズミ捕りにかかってしまった場合には、対応可能なトリミングサロンや動物病院に相談し

トイプードルの無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)

無菌性大腿骨頭壊死はレッグ・カルベ・ペルテス病とも呼ばれ、同一の疾患です。大腿骨頭および骨頚の無菌性壊死症。 大腿骨頭の虚血性壊死が原因で海綿骨が微小骨折し、痛みを伴います。 疫学 小型犬お

エリザベスカラーによる皮膚損傷

交通事故や咬傷、自傷などによる外傷に対して、初期治療はまず感染を制御することと、生きている組織と死んでいる組織を判別することにある。そのため、傷を確認したとしてもすぐには縫合せず、洗浄や湿潤

イエアメガエルの細菌性皮膚炎

カエルをはじめとする両生類は水質の変化や、水温により免疫状態が悪化し感染などを起こしやすくなるため、適切な水替えや水温計の設置なども重要である。 ソイルなどの交換を怠ると排泄物により汚染され

ウサギ(ホーランドロップイヤー)のソアホック(足底皮膚炎)

ウサギのソアホック(足底潰瘍)は肥満や、飼育しているケージの床の環境など、様々な原因によって発生するため、治療方法は症例により異なる。 体系や生活習慣に改善が必要とされる場合や、潰瘍が進行し

クサガメの細菌性皮膚炎、脱皮不全、足底潰瘍

カメを含む爬虫類においては、脱皮不全があると炎症や二次的な感染を生じやすくなる。 また、不衛生な飼育環境や低体温、免疫力の低下(UV不足やビタミン不足など含む)、外傷などによって、細菌性皮膚

チワワの肛門腺の破裂

肛門腺の破裂は、大きく分けて2回の破裂が起こる。1つ目は肛門腺の袋自体の破裂、そして、その肛門腺液が周囲の組織を溶かして皮膚に穴をあけ、皮膚が破裂するのが2つめの破裂である。この1回目と2回

雑種猫の外傷治療

外傷には様々な修復の仕方がある。感染が制御でき、動きが少ない部位で、それほど大きくない外相であれば、今回のように洗浄と保湿のみで創傷を二期癒合させることもできる。 ただし、内股や腋窩、膝など

1 / 3123

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有