症状から探す

目が白いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

シェルティーの慢性表在性角結膜炎

目の病気は様々な要因が小さな場所で絡み合っているため、どのような異常が根底にあるかを考える必要がある。角膜や結膜は異常がご家族の方にもすぐにわかる場所であるが、それでも人の眼科と比較すると重

アメリカンショートヘアーの遺伝性白内障

猫の白内障の大部分は遺伝性・若年性に発症する。また、猫の白内障に対しては、犬や人の白内障のように水晶体内レンズ挿入手術を実施すると、合併症として緑内障に進行してしまうケースが報告されているた

シーズーの角膜穿孔に対する点眼療法

角膜穿孔は、何らかの原因により、眼の表面の角膜に穴が開いてしまうことによりおこる病態で、外傷や慢性刺激、そして感染による角膜融解に等によっておこる。 角膜穿孔が起きてしまった場合は、その時の

犬の核硬化症(非病変)

核硬化症は水晶体の老化現象で、中年以降の犬に比較的よく認められる。水晶体の核が硬化することにより、若いころと比較して黒目が青白く見えることが主訴で来院することが多い。 核硬化症は予防法がなく

犬の結晶状角膜混濁:角膜ジストロフィー

結晶状角膜混濁は、角膜ジストロフィー・脂質角膜症・角膜変性症に分けられ、いずれも猫にはまれな病気です。今回診断された角膜ジストロフィーは、典型的には両目に左右対称に発症し、痛みを伴いません。

無痛性角膜潰瘍

眼科疾患:わんちゃんの自発性角膜上皮欠損症の症例

中高齢以降のワンちゃんに認められる再発性の角膜潰瘍の症例です。ほかにも自発性慢性角膜上皮欠損症などの別名がある病気です。

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有