症状から探す

腫れているに関する診療実績

診療実績すべてを見る

シュナウザーの趾端のメラノーマ

犬の体表にできるできものの7割程度は良性腫瘍であるとの統計が出ていますが、特に皮膚粘膜移行部(口や肛門付近など)や四肢趾端は悪性腫瘍が割と発生しやすいということが言われている部位です。 今回

ミニチュアダックスフントの乳腺腫瘍

乳腺周辺にしこりが認められた場合には良性腫瘍である乳腺腫瘍や混合腫瘍の可能性、悪性腫瘍である乳腺癌、乳腺上に形成された皮膚由来の脂肪腫や肥満細胞腫などの可能性、乳腺炎など、腫瘍性病変ではない

ゴールデンレトリバーの外耳炎および耳血腫の治療

耳血腫は次回にある血管や軟骨が障害されることにより犬にもネコにも起こる以上で、比較的多くのケースが外耳炎によるかゆみによって書き続けた結果に起こりますが、それ以外の偶発的な衝撃で耳血腫が形成

オーストラリアンシェパードの乳腺腫瘍

未避妊のメス犬において乳腺腫瘍は比較的発生頻度の高い腫瘍である。乳腺腫瘍は良性乳腺腫瘍を長期間放置すると悪性科することが指摘されているため、針吸引生検によって乳腺由来腫瘍であることが確認され

ウサギの不正咬合に起因した下顎部膿瘍

適切ではない食生活から来る不正咬合は、咬み合わせが悪くなることによってそこからさまざまな症状を呈する可能性がある異常です。不整に伸びた歯が口腔粘膜にささっれしまったり、歯根が管を圧迫すること

雑種犬の大腿部に形成された浸潤性脂肪腫

脂肪組織が由来の腫瘍は大きく分けて良性と悪性に分かれます。良性の脂肪由来腫瘍には脂肪腫や筋間脂肪腫、繊維脂肪腫や浸潤性脂肪腫が含まれます。悪性のものには脂肪肉腫があり、この良性と悪性の区別は

雑種猫の下顎の外傷性化膿創

喧嘩による外傷は一般的に、戦っている場合には頭頸部に、逃げているところを追い打ちをかけられる場合には尾尻部に、傷を負います。(一般的にはです。)猫の爪による外傷は当初は針穴のように小さく目立

毒ヘビによる咬傷、アレルギー反応

ヘビやハチなどの毒生物と遭遇して被害を受けるのは、犬と猫を比べると犬の方が圧倒的に多いでしょう。また、受傷部位は頭頸部もしくは前肢周辺が多い。 今回の症例では明確に近くに噛み切ったヘビの死体

ラブラドールレトリバーの頭部に形成された皮脂腺上皮腫

皮脂腺上皮腫は皮脂腺に由来する良性の腫瘍ですが、増大すると局所リンパ節に転移することがあるため、摘出には注意が必要な腫瘍の一つです。一般的な良性腫瘍全般に対する外科手術の適応についてですが、

イタリアングレーハウンドの外耳道に形成された犬皮膚組織球種

病理所見にもある通り、犬皮膚組織球種は主に若齢~中年齢の犬に発症することが多いことはよく知られているが、今回の症例のように高齢犬に対しても発生することがあります。この腫瘍に対しても、外見上で

1 / 712345...Last »

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有