症状から探す

腫れているに関する診療実績

診療実績すべてを見る

秋田犬の臍ヘルニアの整復

臍ヘルニアは、生後臍輪が閉じないことによって、臍輪がへるにあこうとなり、臍部から腹腔内の内容物が飛び出てしまう、いわゆる「でべそ」である。臍ヘルニアがある場合、手術をした方が良いのかどうかと

雑種犬の乳腺に発生した骨肉腫

乳腺には類骨の細胞が含まれているため、その細胞が腫瘍化することもある。これらが由来の腫瘍で良性のものでは、良性乳腺混合腫瘍と呼ばれることもあり、それが時間経過とともに悪性化し、乳腺の細胞が悪

雑種犬の前胸部に形成された軟部組織肉腫(血管周皮腫)

軟部組織肉腫は、脂肪や繊維・血管などの軟部組織に由来する悪性腫瘍の総称である。具体的にどの主要なのかによって悪性度や転移率は異なるが、一般的な軟部組織肉腫全般の特徴としては、転移率はそこまで

ヨークシャーテリアの左肩部に発生した犬皮膚組織球腫

細胞診を行い診断がはっきりとつかず、疑われる疾患の中に悪性腫瘍が入っている場合には、組織生検へと検査を進める。その際、当院においては、良性であればそこで治療終了となるように腫瘤を最小マージン

マンチカンの口唇に形成された好酸球性肉芽腫

猫の口唇に形成される好酸球性肉芽腫は猫アトピー症候群の一つに分類される。食事や環境などの外来高原に対して反応していることが示唆されるため、食事療法や免疫抑制療法を実施して、症状をコントロール

トイプードルの乳腺腺癌の手術

乳腺腺癌は乳腺が由来の悪性腫瘍である。転移はリンパ向性に生じ、近隣のリンパ節から腹腔内や胸腔内のリンパ節に転移し、最終的には肺などに転移巣を形成することがある。

フレンチブルドッグの脾臓に形成された肉腫

検診時に脾臓や肝臓に偶然に腫瘤性病変が発見されるケースは非常に多く、発生している場所、大きさ、数、腫瘤内の様子、ほかの臓器にも腫瘤があるか、どのような内服を飲んでいるか、これまでに病気になっ

雑種犬の腸腺癌による胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群は周術期死亡率の高い緊急性疾患である。通常は単独で発生するが、本症例のように何等か消化管の運動に異常が認められた際に続発する可能性もある。 胃拡張捻転症候群が発生すると、レン

ポメラニアンの両眼に発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、典型的には突然発生し、そのほとんどが両眼性に発生します。とても瞼が腫れ、若齢でも中高齢でも起きることがあります。好発犬種は現在のところ報告はありません。治療に関し

ポメラニアンに発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、特に好発犬種は存在しないとなっている。発生は中年齢から高年齢までさまざまである。 また、ステロイド剤への反応が平均的な免疫介在性疾患より鈍いように感じる症例もいる

1 / 1412345...10...Last »

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有