症状から探す

腫れているに関する診療実績

診療実績すべてを見る

雑種猫の肛門腺の破裂

肛門腺の破裂は犬と猫で比較的生じやすい病気である。なぜ発生するかは明らかになっていないが、肛門腺の粘度が上昇することによって排泄ができなくなり、破裂することが多いようである。また、肛門腺液の

雑種猫の口腔内に形成された炎症性肉芽腫

口腔内に形成される炎症性肉芽腫は、歯肉炎に誘発することが多く、犬にも猫にも発生が認められる。特に多い発生部位として、舌の下や頬の舌側があげられる。 このような口腔内の腫瘤性病変は、診断を行う

ミニチュアダックスフントの胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群は、文字通り胃が捻転・拡張することによって生じる緊急疾患である。 生き物の体に起こる変化として、捻じれや閉塞は特に急性で重度の症状を生じることがあるのですが、その典型例といえ

ミニチュアダックスの軟部組織肉腫(血管周皮腫)

悪性腫瘍の治療方法には大きく分けて外科・化学療法(抗がん剤)・放射線療法などがあげられます。悪性腫瘍の由来・種類・ステージングによって、これら治療方法の中で選べる範囲内でより最適なものを実施

柴犬の鼻腔内難軟骨肉腫

軟骨肉腫は拡大や転移は緩徐であるため、悪性腫瘍に分類されるものの、骨肉腫よりは予後は良好とされている。しかし、手術で切除が難しい場合には、局所浸潤や転移は起こりえるので、発生した場所によって

柴犬の膣に形成された平滑筋種

平滑筋種は平滑筋に由来する良性腫瘍である。多くは、形成されたことによる物理的な圧迫によって症状を呈して発見されるが、体表に形成された場合には、より早期に発見される場合もある。筋肉由来の腫瘍で

雑種犬の乳腺腺癌

犬の乳腺腫瘍は体表に形成されることが最も多いyすようで、ある。発生した乳腺腫瘍の内、悪性と良性の割合はほぼ1:1と言われているが、複数の腫瘤が存在する場合にはいずれかの腫瘤が悪性腫瘍の可能性

トイプードルの肥満細胞腫(グレードⅡ)

犬の皮膚肥満細胞腫に対する治療としては、第一に外科療法が選択される。手術を行うに当たり、事前に転移や遺伝子変異の有無を調べることは術式や術後の補助療法を決定するうえで重要の情報である。 犬の

雑種犬の肝臓腫瘍摘出(肝細胞癌)

肝細胞癌は比較的、肝臓に単独の大型の腫瘤を形成することが多いことがわかっている。しかし同じく肝臓に形成される良性の腫瘤である結節性過形成との区別は難しく、レントゲンや超音波検査でこの二つは区

チワワの会陰ヘルニアと脾臓腫瘍の摘出

会陰ヘルニアは去勢手術を行っていないオスに多く発生する疾患である。病気としては、会陰部の筋肉が非薄化してしまい、腹腔内の臓器がその非薄化部分から腹腔外に脱出してしあうことによっておきます。脱

1 / 812345...Last »

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有