症状から探す

腫れているに関する診療実績

診療実績すべてを見る

チワワの乳腺腫瘍(良性)の摘出

犬において、乳腺腫瘍は2~4歳程度までに避妊手術を実施することによって将来的に乳腺腫瘍の発生する確率を下がることができるという情報はあるものの、この症例のように若くして乳腺に腫瘍が形成される

ミニチュアダックスの下顎に形成されたメラノーマ

悪性黒色腫(メラノーマ)は、色素を産生するメラノサイトが腫瘍化したものである。主に体表に形成され、口腔内や足端、体幹部体表のどこに形成されるかによって悪性度や挙動が異なる。悪性度が高い順に口

雑種猫の前肢に形成された骨肉腫

猫における骨肉腫の発生は、犬と比較すると稀であり、10万頭に4頭程度の発生頻度であることが報告されている。また、前肢と比較して後肢の骨に発生しやすい傾向があるため、今回の症例は比較的稀な病状

シュナウザーの臍ヘルニアの整復

臍ヘルニアは犬や猫で比較的認められる先天的異常で、臍輪が閉じないことによって、腹腔内の脂肪や腸管が臍部から腹腔外へ脱出してしまう状態である。臍輪の大きさや還納可能かどうか、犬種(ペギニーズな

雑種犬の頭部に形成された有茎状の腫瘍に対する絞扼除去

絞扼処置は、有茎状の腫瘍に対して、ネモトで縛って腫瘍へ向かう血管や皮膚を壊死させ、麻酔手術を行うことなく腫瘤を除去する手法である。 他の文章中にも記載したが、通常は診断されていない腫瘍に対し

雑種猫の唾液腺癌

口腔内のしこりに対しては、針吸引生検では正確な診断は得られにくい。また、腫瘍に対して一部を切り取るような手技を実施する場合には、皮膚を介してではなく口腔粘膜面からアプローチすることが原則とな

雑種猫の挫創(アゴニキビ)

猫の挫創(アゴニキビ)は、あごに形成される皮膚病変で、アトピー性皮膚炎の症状と関連として比較的よく認められえる症状です(関連が明らかではないときに発生することもあります)。様々な品種や年齢、

ノルウェージャンフォレストキャットの皮膚糸状菌症

糸状菌というのはカビの一種で、人の疾患でいうと水虫を引き起こすような病原体の近縁です。実際に猫と人の間で病原体をうつしあってしまう場合もあります。糸状菌は猫の体表に正常でも存在しますが、通常

フレンチブルドックの毛軸反応性肉芽腫

毛は、自分の体の一部であるものの、毛包が何らかの原因で破壊されて、真皮内に毛軸が迷入してしまうと、異物として反応を起こしてしまう。 つまりは毛軸を攻撃・排泄するために膿瘍を形成し、大きなニキ

柴犬の深在性膿皮症(細菌性)

皮膚の感染症で、深い部分に生じるものを深在性膿皮症と呼ぶ。原因は細菌や真菌、ニキビダニなどの寄生虫の感染である場合が多いが、その他の要因がある場合もある。 また、細菌が原因であっても、一般的

1 / 1012345...10...Last »

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有