症状から探す

食欲がないに関する診療実績

診療実績すべてを見る

ヨームの食欲低下と脱羽出血

主羽毛が適切ではない時期に抜毛されると、出血を起こすことがあります。また、それに伴う炎症や痛みによって普段と比較して元気や食欲が低下することもありますので、注意深く観察してあげましょう。

神経症状を呈する犬への胃瘻チューブの設置

疾患によっては、消化器は健全だが、食事が食べられなくなってしまうことがしばしばあります。そのような、「食べればもう少し持ちそうなのに、食べてくれない」状態であると、その仔の命を一番縮めてしま

猫の化膿創の治療(手術)

感染による膿瘍はある程度の大きさ以上になると元気が無くなったり熱が出たりして、全身に影響を及ぼします。感染症に対する治療は第一に抗生剤による内科療法を選択しますが、細菌感染を慢性化させるよう

子猫のネコ伝染性鼻気管炎ウイルス感染症(FVR)

主に子猫を保護した際に罹患していることが多いネコ伝染性鼻気管炎(FVR)は対症療法を行い、本人の免疫状態が発達すると自然に治癒していく。目がふさがってしまい、膿が眼内に継続的に溜まっていると

ネコの腹壁ヘルニア(恥骨前腱の裂離):交通事故

腹壁ヘルニアは打撲や落下、交通事故などの強い外的な力や、腫瘍や著しい感染症によって生じる事があるヘルニアである。腹腔内のどの臓器が脱出する科、また、どのような理由でヘルニアになってしまったの

ジャイアントトカゲモドキの口内炎

トカゲやカメレオンなどの爬虫類には口内炎が非常によく発生します。口内炎が進行すると膿瘍を形成したり、顎骨が変形してしまったりするため、早期に治療を受けましょう。

ヒョウモントカゲモドキのマウスロット(口内炎)

トカゲやカメレオンでは、昆虫やマウスを食べる際にできる細かい口腔内の傷に感染が起こることにより、口内炎(マウスロット)が起きやすいことが知られています。早期の消毒と治療により経過は良好ですが

FIP:ネコ伝染性腹膜炎:ネココロナウイルス

ネココロナウイルス感染症は、大きく分けて弱毒でほぼ病原性を示さないのネコ腸コロナウイルス感染症と、強毒のネコ伝染性腹膜炎ウイルスの2つに分けられます。 コロナウイルスは非常に変異を起こしやす

胃腸炎を呈したオオハシ

鳥類の胃腸炎は様々な原因によって引き起こされます。感染源によっては肺などの呼吸器にも派生する場合があったり、また、人に感染する場合もあります。糞便検査を行い原因を探すため、来院の際は糞便をお

異物誤嚥:小腸内異物摘出

異物誤嚥による消化管閉塞は、閉塞の度合いや閉塞物によって症状が異なる。すなわち、ずっと症状が出続ける場合や、本症例のように間欠的に症状を示す場合もある。また、閉塞が完全閉塞と部分閉塞である場

ピロリ菌感染性胃潰瘍

ヒトと同様、犬においてもピロリ菌感染が問題となることがあります。診断は、検査機器がある施設においては呼気検査及び内視鏡検査が重要となります。

猫の下部尿路閉塞疾患(FLUTD)

猫の下部尿路閉塞疾患は、若い去勢をした雄猫に比較的よく認められる疾患です。閉塞の原因は結石や結晶がつまってしまう場合もあれば、解剖学的に尿道が細いことが原因の場合もあります。尿が出ないことに

異物誤嚥ーリンゴ

誤嚥の中には、食べ物がつまる場合と、食べ物でないものを食べってしまった場合があります。今回の症例は、食べ物を食べて、それが胃内まで到達できなかった誤嚥症例を紹介します。

ウーパールーパーの異物(ビー玉)誤嚥

ウーパールーパーは口が大きく、いろいろなものを食べてしまう性質があります。おうちのレイアウトには十分に注意しましょう。

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有