実績詳細

アメリカンコッカースパニエルのチェリーアイ

種類 アメリカンコッカースパニエル
年齢 6か月齢
診療科目 外科 眼科 
症状 右目から何か出ている

症状の概要

第三眼瞼は別名、瞬膜という。瞬膜の内側(眼球側)には瞬膜線があり、これが過形成を起こして瞬膜縁から脱出した状況を、サクランボのように見えることから、チェリーアイという。
ブルドッグやビーグル、スパニエル種に比較的よく認められる。通常は2歳以下の若齢に発症するため、中年齢から高年齢で発生した場合には、眼瞼に形成された腫瘍性疾患をしっかりと除外する必要がある。
また、似た病状に第三眼瞼外反という、眼瞼内の軟骨の変形を呈する疾患もあるため、合わせて鑑別を行う必要がある。

検査結果

身体検査を行ったところ、右目の第三眼瞼内側より赤い腺組織が脱出しているため、チェリーアイと診断した。

 

治療方法

脱出した腺組織が炎症を起こし、本人が気にして搔いてしまい出血を起こしていたため、早期に整復手術を行うこととした。

 

全身麻酔下において、モーガン法で脱出した瞬膜線(チェリーアイ)を征服した。

 

治療・術後経過

第三眼瞼内に瞬膜線を収納し、正常な外観となった。

 

術後は消炎剤及び抗生剤の点眼を実施し、治療終了とした。

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有