実績詳細

シェルティーの慢性表在性角結膜炎

種類 シェルティー
年齢 9歳
診療科目 眼科 
症状 目が白い

症状の概要

目の病気は様々な要因が小さな場所で絡み合っているため、どのような異常が根底にあるかを考える必要がある。角膜や結膜は異常がご家族の方にもすぐにわかる場所であるが、それでも人の眼科と比較すると重症度は高い状態になっての来院がほとんどであるため、複雑な病態に進行していることが多い。
瞼・マイボーム腺・眼瞼結膜・眼球結膜・角膜を注意深く観察することにより問題を解決していくことが重要である。

検査結果

症例は若齢期から角膜炎を患っていた。

眼科テストを実施したところ、涙液量は左右の目とも十分にあり、明確な角膜潰瘍はないものの、角膜表面は変性しており、涙膜破錠時間が短縮していたため、ドライアイになっていた。

 

マイボーム腺は軽度に変性していたが、液状のマイバムが確認されている。

 

 

治療方法

炎症の軽減と角膜保護を目的とした点眼剤の処方を実施した。

治療・術後経過

治療前

 

治療開始一週間後

 

 

治療開始一週間で目の炎症や角膜変性は有意に解消された。

治療を継続していき、点眼剤及び点眼回数を減らしていった。

 

経過良好

 

担当医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有