実績詳細

チワワの前腕骨折(橈尺骨骨幹部横骨折)のプレートによる整復

種類 チワワ
年齢 7才
診療科目 外科 
症状 抱っこしてる途中に落っことしてしまった。足を上げている

症状の概要

「骨折」は、一般的な骨折と病的な骨折に分けられます。病的骨折は、腫瘍や炎症によって骨の構造自体が弱まってしまった時に耐え切れずに折れてしまうような骨折で、特に腫瘍が好発する高齢の大型犬で、たいした負荷をかけていないのにもかかわらず骨折が発生した場合にはこういった理由があるかどうかを考える必要があります。
一般的な骨折は、落下や交通事故など、強い外力に耐え切れずに骨が折れてしまう状況を指します。

治療の方法は一つではなく、様々な治療方法の中から、骨折部位・形状・本人の性格や体形、活動性・かけられる治療費用や獣医師の技術などをすべて考え、最良と考えられる治療方法を選択します。

検査結果

明らかな左前肢の挙上を呈しているため、触診を実施する前に骨折の有無を確認するために単純レントゲン写真撮影を実施した。

 

その結果、前腕(肘と手首の間)の、橈尺骨が骨の中央部(骨幹部)で折れている像が確認された。

実際には拡大すると小さな骨片も形成されていたため、横骨折~複雑骨折という診断を下した。

治療方法

治療方法に関しては、プレートによる内固定が第一選択となる旨をご家族にお話しし、相談した結果手術を実施することとなった。

 

 

治療・術後経過

骨幹部を露出し、プレートの設置を行った。

 

 

手術翌日から足を着地して歩行するようになり、手術8日後に抜糸を行いエリザベスカラーを外し、以降は経過観察を行い定期的にレントゲンを撮影し、必要に応じてインプラントの除去を行う事とした。

 

担当医・執刀医:白井 顕治

 

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有