実績詳細

フレンチブルドッグの脾臓に形成された肉腫

種類 フレンチブルドッグ
年齢 10歳
診療科目 外科 腫瘍科 
症状 元気食欲は問題ない。検診において、脾臓に腫瘤が発見された

症状の概要

検診時に脾臓や肝臓に偶然に腫瘤性病変が発見されるケースは非常に多く、発生している場所、大きさ、数、腫瘤内の様子、ほかの臓器にも腫瘤があるか、どのような内服を飲んでいるか、これまでに病気になったことがあるか、などによって、腫瘤への判断や対応は異なる。
今回の腫瘤は発見されてから4か月ほど経過観察して、徐々に拡大しているため、悪性のものの可能性は低いと考えられていたが、結果として摘出した判断が正しかったといえる。

検査結果

症例は一般状態に異常は認められない。

 

検診において、脾臓に腫瘤が確認されており、当初15mmほどであった腫瘤が、検診を続けていく過程で20mmほどに拡大した。

 

また、5mmほどの結節が脾臓内に新生した。

 

腫瘤の数は少なく、良性である可能性も示唆されたが、ご家族と相談した結果摘出することとなった。

治療方法

 

開腹して脾臓の摘出を行った。

 

 

ー--以下病理所見ー--

脾臓の大きい方の腫瘤は、脾臓の間質成分由来の悪性腫瘍と判断されます。このような脾臓の腫
瘍では、しばしば肝臓や腹腔内などへの転移を引き起こします。初期の段階で切除されていますが、念のため、経過観察をお勧めします。小さい方の腫瘤は、非腫瘍性病変である結節性過形成と診断されます。反応性あるいは加齢性の変化と考えられます。

 

ー----

治療・術後経過

結果として、悪性の肉腫が発見されたが、非常に早期の摘出であったため、予後は良好と考えられる。

 

担当医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有