実績詳細

ミニチュアダックスフントの会陰ヘルニアの整復(右側脱出)

種類 ミニチュアダックスフント
年齢 12才
診療科目 外科 
症状 近医にて、会陰ヘルニアといわれた。手術ができる病院を探していた。

症状の概要

会陰ヘルニアは未去勢の雄に後発する疾患であるが、本症例のように中高齢になってから去勢手術を実施した場合には、その後に会陰ヘルニアを発症してしまうリスクは残存する。会陰ヘルニアは、ヘルニア嚢内に前立腺や直腸、腹腔内脂肪や小腸、膀胱などが脱出することがあり、脱出する臓器や程度、ヘルニア孔の大きさや癒着の程度の違いにより症状や重症度は異なってくる。今回の症例は症状は軽度だったが、より長期間手術をせずに経過観察を行っていた場合には、異なる臓器が脱出したり、癒着が進行したりすることによって手術が難航した可能性も考えられる。状況や年齢によるが、可能であれば早期の手術を実施することが望ましい疾患であるといえる。

検査結果

症例は元気活発であり、右側の会陰ヘルニアを発症していた。数年前に去勢手術を実施している。

直腸検査を実施した結果、会陰ヘルニアのヘルニア内には直腸が脱出しており、脱出・憩室の発生の程度は軽度であった。

 

 

突出している肛門右側の腫大は会陰ヘルニアによる直腸憩室だった。

治療方法

排便困難も呈しておらず、症状は軽度であったが、ご家族と相談した結果、手術による整復を実施することとした。

 

初めに腹部正中切開を行い、脱出していた直腸を腹壁に固定した。

 

 

次いで肛門右側の会陰部を切開し、ヘルニア孔を確認、その後にプロリンメッシュを用いてヘルニア孔の閉鎖を行った。

 

 

肛門周囲の術創であるため、埋没縫合を使用した。

治療・術後経過

術後より元気食欲などの一般状態に異常は認められず、数日後に退院となった。

 

排便も確認され、腹部の術創の抜糸も完了したため、治療終了とした。

 

 

経過良好

 

 

担当医・執刀医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有