実績詳細

ミニチュアダックスフントの口鼻瘻の整復

種類 ミニチュアダックスフント
年齢 14歳8か月
診療科目 外科 歯科 
症状 口臭がひどい。水を飲むとくしゃみをする

症状の概要

口鼻瘻は主に上顎の大きな歯(犬歯や第四前臼歯など)が歯周病によって自然に脱落することによって形成されます。正確には歯がある段階であっても、歯周病によって上顎の骨が融解してしまうと瘻管は形成されますが、歯があるときには、口鼻瘻を穴として認識しづらいため、主訴として来院されることは稀です。水を飲んだ後やご飯を食べた後にくしゃみをする様子が目立つようであれば、口鼻瘻の存在を疑う所見となります。そういった症状が認められる場合には、ご相談ください。

検査結果

口腔内の鑑札を行うと、症例は口腔全体的に重度の歯周病を患っていた。

 

また、右上の犬歯はすでに脱落しており、その個所に口鼻瘻が形成されていた。

 

(※口鼻瘻:こうびろう:口腔と鼻腔の間に穴が開き、つながってしまっている状態。)

 

治療方法

歯周病及び口鼻瘻は外科的に整復する必要がある。

 

高齢ではあるが、麻酔前検査をパスすることができたため、麻酔下での口腔外科を実施した。

 

 

 

歯周病の治療とともに、フラップを作成して口鼻瘻を閉鎖した。

治療・術後経過

 

術後2週間、フラップは良好に生着したため、エリザベスカラーを外して治療終了とした。

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有