実績詳細

ミニチュアダックスフントの右側会陰ヘルニア

種類 ミニチュアダックスフント
年齢 8歳
診療科目 外科 
症状 おしりの周りが腫れている

症状の概要

会陰ヘルニアは去勢手術を行っていない中年齢~高齢の雄犬に後発する。原因は明らかになっていないが、疫学より雄性ホルモンの関与が言われている。物理的に会陰部に筋肉が菲薄化したことによる孔が存在するため、治療は通常外科療法となる。会陰ヘルニアといっても、ヘルニア内に脱出する臓器によって症状の重症度や緊急性は大きく異なる。脱出する可能性がある臓器として、直腸・膀胱・腹腔内脂肪・前立腺などがあげられる。

検査結果

症例は元気食欲良好だったが、肛門の右側が有意に腫脹していた。

症例は去勢手術をしておらず、ヒストリーから会陰ヘルニアを疑ったため、レントゲン及び超音波検査を実施した。

 

ヘルニア内には大量の液体が貯留しているが、暴行ではないため、腹膜もしくは前立腺に関連した組織が脱出していると考えられた。

治療方法

 

整復術を実施することとなった。

情報通り、去勢手術を行うとともに、脱出はしていなかったものの、腹腔内臓器の変異は認められたため、腹壁固定を実施した。

 

その後体位を変換し、ヘルニア孔の整復を行った。ヘルニア内は嚢状の構造になっていたため、嚢壁を切除し、ヘルニア孔をコーン状に形成したプロリンメッシュにて閉孔した。

 

治療・術後経過

術創は良好に癒合し、ヘルニアの再発も起きていない。

 

経過良好。

 

担当医・執刀医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有