実績詳細

犬の停留睾丸の手術

種類 トイプードル
年齢
診療科目 外科 
症状 去勢手術を行いたい。陰睾と言われた。

症状の概要

左右の睾丸は陰嚢内に収まっているのが正常であるが、その片方もしくは両方が陰嚢に収まっていない状態のことを陰睾や停留睾丸、潜在精巣などと呼び、遺伝的な異常である。犬でよく認められるが、まれにネコでも認められる。陰嚢内に降りてこない睾丸は精子形成が正常よりも著しく低下しており、将来的には腫瘍化する可能性が非常に高いことが報告されているため、手術適応である。また、遺伝的異常であるため、子供を作ることは勧められない。停留している睾丸が腹腔外にあるか、腹腔内にあるかで術式が異なるので術前の評価が重要である。

検査結果

症例は元気食欲は良好であった。

 

触診では陰嚢内に睾丸が1つしか触知されず、停留睾丸と診断された。(診断時は1才です)

 

また、腹腔外には触知できる睾丸がなかった。

治療方法

停留睾丸は手術を行うべき遺伝子異常であるので、手術を行った。

陰嚢内の睾丸は常法通り摘出し、閉創した

 

他方の睾丸は触知されなかったため、腹筋を切開し腹腔内からアプローチした。

 

前立腺から伸びる輸精管をたどって睾丸を探し、結紮して摘出をした。

 

閉創

治療・術後経過

睾丸は左右ともに腫瘍化しておらず、術創も感染も起きずに正常に治癒した。

 

経過良好

 

担当医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有