実績詳細

秋田犬の臍ヘルニアの整復

種類 秋田犬
年齢 2歳
診療科目 外科 
症状 避妊手術をしたい。以前から臍ヘルニアがある。

症状の概要

臍ヘルニアは、生後臍輪が閉じないことによって、臍輪がへるにあこうとなり、臍部から腹腔内の内容物が飛び出てしまう、いわゆる「でべそ」である。臍ヘルニアがある場合、手術をした方が良いのかどうかという質問が多く寄せられるが、ヘルニア孔の大きさと中に脱出している臓器、そして品種性別年齢によって、手術を薦めない場合もあれば、健康上のリスクが高いと判断される場合には手術を勧める。一般的に、年齢の経過とともに肥満したり、よく吠えるようになったり、妊娠したりするような、腹腔内の圧力が高まるような場合にはリスクは高いといえる。それ以外には、腹腔内の腫瘍や、腹水の貯留によって悪化することもあるため、ほかの病気が最ヘルニアの悪化を誘発する可能性はある。脱出する可能性のある臓器としては、腹腔内の脂肪や腸管などが脱出することがある。大きさによっては脾臓なども脱出する可能性はあるが、そこまで大きなヘルニア孔はまれである。

検査結果

症例は健康な秋田犬の若齢のメスであり、避妊手術を希望していた。

臍ヘルニアがあり、避妊手術時に整復手術を希望されたため、同時に行うこととした。

治療方法

臍部が傍粒子、皮膚が色素沈着している。

腹部正中にヘルニア孔を確認し、閉塞した。

 

治療・術後経過

術後、感染も起こることなく正常に癒合した。

 

経過良好。

 

担当医・執刀医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有