実績詳細

若齢の雑種猫の腸重積(消化管内異物による)

種類 雑種猫
年齢 1歳
診療科目 外科 消化器科 
症状 食欲がない、水を飲んでは吐いている。

症状の概要

若齢の個体では炎症や異物など、腸の蠕動に異常があると腸重積を発症することがある。腸重積を発見した際には、腸重積になってしまった原因の疾患を解除することが重要な目的となる。

検査結果

症例は若齢の雑種猫である。

 

強い消化器症状を出していた。

 

症例の外観は体格もよく、毛艶も良好であったため、ウイルス性疾患のような慢性消耗性の疾患はあまり疑われなかった。

 

精査を行うと、腹部超音波検査によって腸重積が認められたため、何等か重度の胃腸炎か異物、外傷性炎症を疑い試験開腹を目的に開腹手術を行うこととした。

治療方法

開腹した時点では腸重積は解除されていた。

胃から十二指腸下降部、上行部にかけて異物が認められたため、胃、および小腸を切開して異物の摘出を行った。

 

 

 

リボン上の異物が摘出された。

 

消化管を縫合し、治療終了とした。

 

治療・術後経過

手術翌日より症状は改善し、食欲もあり良好に治癒した。

 

 

経過良好

 

 

担当医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有