実績詳細

雑種犬の乳腺腺癌摘出手術

種類 雑種犬
年齢 14歳
診療科目 外科 腫瘍科 
症状 おっぱいが腫れている

症状の概要

乳腺腫瘍メス犬に発生することが多い体表腫瘤の一つで、特に避妊手術を実施していない中高齢の雌犬には発生が多いことが明らかになっている。

幸い、乳腺腫瘍は体の表面から触ることができる位置に形成される主要であるため、ご家族やトリマーさんが発見してくれることが多く、中には5ミリ程度の微小な段階で発見されることもある。

腫瘍の大きさや個数も悪性度に影響するため、発見した場合には早期に検査・治療へ進むべき腫瘍である。

検査結果

初診時、左第四乳腺部に直径4センチほどの腫瘤を認めた。

 

針吸引生検を実施した結果、悪性乳腺主要が強く疑われたため、術前検査や転移の有無を検査した結果、手術適応であることが明らかとなったため、ご家族と相談して手術を実施することとした。

 

また、症例は避妊手術を行っていなかったため、今回摘出予定の左側乳腺と合わせて卵巣と子宮の摘出を行うこととした。

 

 

治療方法

初めに腹部正中切開を実施し、卵巣と子宮を摘出した

肉眼的に卵巣及び子宮に異常は認められませんでした。

 

 

その後、乳腺の切除を行い、

 

乳腺腫瘍術前の外観  

 

 

縫合線に張力がかかってしまうため、垂直マットレス縫合を実施した。

 

乳腺腫瘍摘出縫合後の外観

ーーーー以下病理検査所見ーーーー

摘出された乳腺では、2ヶ所に、結節性の腫瘤が形成されています。左4乳腺部では大型の腫瘍が形成されており、鼠径リンパ節では、転移性の病変が形成されています。悪性度の高い腫瘍であることから更なる転移の拡大について経過には注意が必要です。左5乳腺の腫瘍は、良性の乳腺腫瘍と診断されます。この腫瘍に関しては、今回の切除により予後は良好と考えられます。

 

ーーーーーー

 

 

治療・術後経過

病理検査結果をもとに、抗がん剤のような術後の補助療法を実施するかを相談したところ、ご家族が希望されなかったため、実施せずに経過を観察することとした。

 

転移性病変が認められたため、何らかの形で腫瘍が再発する可能性が高いので、予後は良いとは言えないが、現在経過観察中。

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有