実績詳細

雑種犬の前胸部に形成された軟部組織肉腫(血管周皮腫)

種類 雑種犬(コーギーxシーズー)
年齢 13歳
診療科目 外科 腫瘍科 
症状 胸にしこりがある。床に擦ってしまいそう

症状の概要

軟部組織肉腫は、脂肪や繊維・血管などの軟部組織に由来する悪性腫瘍の総称である。具体的にどの主要なのかによって悪性度や転移率は異なるが、一般的な軟部組織肉腫全般の特徴としては、転移率はそこまで高くなく、基本的には手術でしっかりと取りきることによって治癒を目指すことのできる悪性腫瘍である。
最初の手術を行う際に、しっかりと診断が行えている必要のある悪性腫瘍の一つと言える。

検査結果

症例は中高齢の雑種犬である。数年前から前胸部にしこりがあるということだった。最近大きく垂れさがってきて、床にこすってしまいそうなので、手術を希望ということだった。

 

数年間存在するという既往より、高悪性度の腫瘤ではなさそうという判断はできるが、正確に評価するために細胞診を実施することとした。

細胞診においては、軟部組織肉腫などの間葉系悪性腫瘍が示唆されたため、外科的に広範囲切除を実施することとした。

治療方法

術前のしこり。

非常に大型の軟性のしこりが左前胸部にある。

 

 

マーキングを行い、前後左右に水平方向に3センチと垂直方向に筋膜1枚分のマージンを確保して切除を行った。

 

 

腋窩及び乳腺を使用したフラップを形成して皮膚再建を行った。

 

 

ー--以下病理所見ー--

左前胸部の腫瘤は、低悪性度の軟部組織肉腫(血管周皮腫)と診断されます。腫瘍の境界は明瞭で、マージン部に腫瘍細胞は認められず、底部には筋層が含まれています。大型の腫瘤が形成されていますが、摘出状態は良好で、今回の切除により予後は良好である可能性が高いと考えられます。

 

ー--

治療・術後経過

 

術後2週間で抜糸を行い、術後3週間で完全に治癒した。病理検査所見を含めて、エリザベスカラーを外して治療終了とした。

 

現在経過観察中

 

 

担当医・執刀医:白井 顕治

 

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有