実績詳細

雑種猫のヘアゴムの誤食

種類 雑種猫
年齢 1歳
診療科目 外科 消化器科 
症状 元気食欲がない。イヤホンのコードを食べてしまったかもしれない

症状の概要

ひも状異物の場合、長ければつまりやすく、短ければつまりにくいというのが 一般的であるが、そのほかにも閉塞してしまう要因として、アンカーの存在である。ただの長細いひもは閉塞することがないが、ひもの一方に結び目や、絡みついたかたまりが存在し、そのかたまりの部分が舌・胃・回盲部などに引っ掛かり、ひもだけがその先に流れていくと、ひも状異物のよくない症状が発生し始める。腸の蠕動に対してひもはアンカーにより動かないので、糸のこぎりのように消化管壁を傷つけてしまう。
ひも状異物は内視鏡の適応外であるため、開腹下で摘出する必要がある。
飲んだ直後であれば内視鏡で摘出できる可能性もあるため、飲んでしまった場合には、速やかに何らかの対処をする必要がある。

検査結果

症例は軽度の食欲低下を呈していた。食事は食べるが、食べると吐いてしまうということだった。

また、普段から癖として、食べ物ではないひもやマットのかけらを食べてしまい、吐き戻したり便に出たりしていることが認められていた。

レントゲン検査を実施したところ、消化管内にコード状の異物が確認された。(電機関連のコードという印象ではなかった。)

治療方法

異物がひも状であるということと、すでに異物は小腸内に達していたため、内視鏡の適応ではない。

 

開腹下で摘出することとした。

 

 

術前、下腹部に痛みを感じていたため、下腹部を過度にグルーミングすることによって皮膚に炎症が生じている。

 

胃・十二指腸・空腸・回腸の区間で異物が認められたため、それぞれ切開して異物を摘出した。

異物は主に一般的に女性が使用するヘアゴムで、そこに短いリボンニアヒモ、被毛が絡まっていた。

 

それぞれ消化管を縫合し、異物によって消化管が障害を負っていないことを確認してから閉腹とした。

治療・術後経過

手術翌日から食欲は回復し、3日後に術後の血液検査を実施し、異常が認められなかったため退院となった。

 

 

元気食欲良好であり、治療終了とした。

 

担当医・執刀医:白井 顕治

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有