症状から探す

元気が無いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

雑種犬の腸腺癌による胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群は周術期死亡率の高い緊急性疾患である。通常は単独で発生するが、本症例のように何等か消化管の運動に異常が認められた際に続発する可能性もある。 胃拡張捻転症候群が発生すると、レン

若齢の雑種猫の腸重積(消化管内異物による)

若齢の個体では炎症や異物など、腸の蠕動に異常があると腸重積を発症することがある。腸重積を発見した際には、腸重積になってしまった原因の疾患を解除することが重要な目的となる。

雑種ネコの子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は子宮内に細菌感染による蓄膿が生じてしまう疾患である。発情様式の違いから、犬と猫を比較すると犬での発生が多く、猫ではまれである。治療方法は犬と同様、水和をして一般状態を整えてから、

胃の外傷性裂傷による気腹が発生した猫

消化管穿孔が起こった際、通常は内容物が腹腔内に漏出することによって腹膜炎が発生するが、胃の穿孔が起こった場合には、pHが高いため、腹膜炎という所見と比べると気腹の症状が強く出ることが多い。

雑種猫の異物誤嚥(小腸閉塞・外科的に摘出)

食事以外ん食べ物を食べてしまった場合には、誤植という診断となる。誤植の中には、アルミホイルやマット、布など、物理的に閉塞してしまう可能性のあるものや、針や串など、穿孔の恐れがあるもの、そして

マンチカンの首輪による摂食障害

ペットに装着する首輪やハーネスの選定は非常に難しい。ペットごとに体格や動き方が異なるため、ジャストフィットするものが発見しづらいということも要因の一つと考えられる。また、特に猫は体が柔らかく

雑種猫の消化管内異物の摘出

多くの場合、異物を誤嚥してしまう猫は若齢であることが多く、中高齢の猫の場合には、若いころから繰り返し異物を食べてしまうことが多い。子の症例では過去に異物を食べた経歴が特になかった。 異物が小

ミニチュアダックスフントの甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症 【病態】 甲状腺ホルモンは多様な作用を持ちますが、代表的なものとして新陳代謝を盛んにし、活動するために必要なエネルギーを作るといった働きがあります。 甲状腺機能低下症とは何

雑種犬の子宮蓄膿症、乳腺腺癌、スケーリング処置

子宮蓄膿症は典型的には未避妊・未経産の中年齢の犬の発情後に起きることが多いが、3歳ほどで発生したり、経産なのにもかかわらずなったりすることもあるため、あくまで典型的には、という表現となること

雑種猫の尿路閉塞

猫の尿路閉塞は主にストルバイトや栓子(細胞や細菌の塊)がつまるような場合と、膀胱炎から尿道に炎症が波及して起こる場合、そしてどちらも起こっている場合が考えられるが、様々な程度で尿道炎は関与し

1 / 812345...Last »

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有